2016年08月27日

久しぶりの五島マラソン?

久しぶりに五島に行くことになりました。

朝から車で大波止まで送ってもらい、
サァ、フェリーと思ったら、人・人・人・ひと・ヒト・人・・・
五島夕焼けマラソンに出る人で、整理番号417番、
一番からいたので、驚きでした。
しかも、私の後にも続々と・・
500人ぐらい乗ったのでしょうか。
座る場所もなく、通路にゴザが出てきてみんな座り込みます。

それでも横になって寝る人がいるので大胆ですね。

なんとか五島につき、車でお迎えに来ていただき、
一時間近くかかる少し遠い施設に、行きました。

お昼をいただき、まず礼拝、そして祈り、、練習と続きます。
そして本番、50人ぐらいの人が集まりました。
後ろにはスタッフの人達も来ています。

コンサートは、私的には良かったです。
PEACE CDが3枚売れました。

これから帰ります。
帰りはゆっくり座れそうです。
横になって眠って帰ろうか。
でも、明日礼拝なので、準備が・・
それと五千字の原稿を書かなければ・・・

Isaiah
posted by 主のしもべたち at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

久しぶりの愛餐会・送別会 16日の日記

久しぶりに愛餐会をしました。
送別会と言った方がいいかもしれません。

三年前にフィリピンに宣教に行ったあと、2人のフィリピン人が長崎教会に来ました。
その一人が、今回帰国するメルビンさんでした。
彼は、フィリビンから出稼ぎに来る若者たちを、次々と教会に導いてきました。
おそらく軽く100人は超えているでしょう。
200人近くいたと思います。

彼は一番最初に、私たちがフィリピンのダバオに導かれた教会の当時の牧師であるカスティーヨ牧師の教会から来たのでした。
特別な神様の導きを感じます。
彼と彼を通して導かれたフィリピンの若者たちは、神様からの私たちへのプレゼント、贈り物でした。

全部で50人ぐらいの人たちが集った愛餐・送別会になりました。
posted by 主のしもべたち at 20:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

久しぶりの愛餐会・送別会 16日の日記

久しぶりに愛餐会をしました。
送別会と言った方がいいかもしれません。

三年前にフィリピンに宣教に行ったあと、2人のフィリピン人が長崎教会に来ました。
その一人が、今回帰国するメルビンさんでした。
彼は、フィリビンから出稼ぎに来る若者たちを、次々と教会に導いてきました。
おそらく軽く100人は超えているでしょう。
200人近くいたと思います。

彼は一番最初に、私たちがフィリピンのダバオに導かれた教会の当時の牧師であるカスティーヨ牧師の教会から来たのでした。
特別な神様の導きを感じます。
彼と彼を通して導かれたフィリピンの若者たちは、神様からの私たちへのプレゼント、贈り物でした。

全部で50人ぐらいの人たちが集った愛餐・送別会になりました。
posted by 主のしもべたち at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

祝福された早天、聖会、うけたと信じる 12日の日記

金曜日。

妻が父が来たので、夫婦の部屋で寝ました。
朝早く起きて祈りました。
そして、教会の早天へ。

賛美・預言・感謝。
この感謝が、断食祈祷会の時に示されたので、
徹底して受けたと信じて、
具体的に最初から神様が、
この長崎に示された感謝をしました。

そして、メッセージ。
感謝している時に示された
「受けたと信じて言う」ということについて語りました。
長崎教会のことや
自分自身のことを語るように導かれ、驚きました。

とても祝福された早天でした。

終わって一旦帰宅。
朝ごはんを食べて、再び教会へ。
そして9時から6時間祈祷会。
カトリック・長崎・にヘホン・アジア
そしてエルサレム・イスラエル・全世界と祈ります。

今日はとても祈れました。
賛美・預言・感謝、
カトリックの祈りが具体的に導かれます。
そして長崎、教会のこと、礼拝のこと・・・
祈りが与えられます。
さらに日本・・・アジア・・・

ここで私は抜け出して、筑豊へJRで向かいます。

最近書けなかった「今日のみことば」を
書けるようにと祈ったら、
電車の中で、一気に書けました。

祈りは本当に聞かれます。

その原稿を、筑豊についてから、
コンビニの前の駐車場に、
迎えの車を止めてもらって送りました。

筑豊の聖会も、とても祝福され車で筑紫野まで送ってもらい、
最終バスで長崎へ帰ります。

到着は午前一時を回るかな・・・

Isaiah
posted by 主のしもべたち at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美術館に行きました。ピクサー展をしていました。 11日の日記

休日。
次男と一緒に美術館に行きました。

妻が私が美術館に行くと言ったので、驚いていました。
確かにいままで自分から美術館に行ったことなどないので・・・

まず、県立美術館の1階でしている無料で観れる常設展ではなかったようですが、
一般の方の作品の展示会がしていました。

いろんな発見がありました。
近くで見るとよくわからなかったり、イマイチいまさんと思った絵が、
遠くから見ると良かったりして、面白いなーと思いました。

明るい絵と暗い絵、
激しさ家と静かな絵、
内面の感情を感じさせる絵、

今回見た絵の中では、
女性の絵の方が激しくて暗かったのは、
これまた驚きで不思議でした。

外国人、特にアメリカの方達の絵もあったのですが、
はつきり日本人とは違うのです。
それもまた面白かったです。

そして、それから二階のピクサー展に行きました。
なんと一人1400円、
入る前は高いと思いましたが、
観終わった後は、それだけの価値があると思いました。

ただ最後のグッズは高くて手が出ませんでした。
教会でいつも右手うちわをしている人がいるので、
うちわをお土産にと思ったら、
一つのうちわが1080円、
これがおそらく一番安い商品ではと思います。
Tシャツも軽く3千円は越えていきます。

それが普通の相場なのかもしれません。
でも私には、高くて手がでなかっです。

ピクサー展のことはいつか、ゆっくり書きたいと思います。
中味が濃すぎました。
1日かけても見ることが出来る内容でした。
次男と行けて、本当に良かったです。


それから浜勝でロースカツを食べました。
浜勝は久しぶりです。

次男と色々話せて、
父としてはとても憂かったです。
次男の方はどうだったか・・・

夜、妻の父が来ました。
妻の母と父と共に16日まで過ごします。
祝福された時となりますように。
神様、よろしくお願いします。

Isaiah
posted by 主のしもべたち at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

成り立たなかった断食祈祷会

連日オリンピックのことが放送されているようです。
私もパソコンでチエツクしてみています。

ところが、高校野球はそれに比べると、
あまり盛り上がっていないような気もしますが・・・
長崎県の代表は1回戦で負けました。

昔は、高校野球が好きで、
父などはトーナメント表まで作っていたほどです。
高校野球に出てくる高校の名前で
都市名と、どこの県にあるのかを覚えました。
今は私立が多く高校名では都市や県は、
わからないことが多いような気もします。

さて、10日は断食最後の日でしたが
12時からの祈祷会が成り立ちませんでした。
というは、
仕事を休んで来られた女性の O牧師と
私の二人になったからです。

S牧師とY牧師とT牧師は仕事、
J牧師と私の妻は介護、
YY牧師は休職中、
伝道師補たちもアルバイト、

とても寂しい残念な気持ちでしたが、
はっきり語りかけはありました。
神さまは私に向かって、
あなたが長崎教会の牧師として
心を定めて、ここで主に仕えなさい。
と言っておられるのだと思います。

パトモス、白馬と続いた、
いやアメリカ、パトモス、白馬と続いた派遣の締めくくりとして、
今回の断食祈祷会は、とても意味のあるものとなりました。

Isaiah
posted by 主のしもべたち at 03:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

長崎原爆の日。

8月9日、長崎原爆の日。
私は昨日に続き、教会で断食をしていました。

お昼に郵便局に行く用事があったまで歩いて行くと、
道の至る所に、警察の方が機動隊とともにたくさんいました。

一瞬にして7万人の命を奪い、
その後もそれ以外に、7万人以上の命を奪い続けている原爆、

被爆者たちの戦争を2度とするなという叫びは、心の底からの絶叫だろう。
にもかかわらず、世界も日本も戦争に確実に進んでいる、
そんな風に思うのは私だけではないだろう。

残念ながら、人の中にある罪は、再び戦争を起こしてしまうだろう。
そして、今までで最も厳しい時代かやってくるだろう。

イエス・キリストを知ってほしい。
人間は本来永遠の存在なのだということに気づいてほしい。

かつて一発の爆弾が一瞬にして、多くの命を奪ったように、

この終わりの時代に、
聖霊の炎がこの地に注がれて、
一瞬にして7万人以上のはるかに多くの人々の命が救われ、
永遠の命を受けるようになる時が来ることを信じている。
isaiah
posted by 主のしもべたち at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする