2019年04月11日

裏切るペテロを愛された深い愛


しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、

あなたのために祈りました。だからあなたは、

立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。

            ルカの福音書 2232


イエスは、筆頭弟子であったペテロに向かって
ある時、こう言われました。
 シモン、シモン。見なさい。サタンが、
 あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。
 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、
 あなたのために祈りました。
 だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」
シモンとはペテロの元々の名前、
分かりやすく言えば本名です。
ペテロは命がけでイエス・キリストについていくつもりだったので、
すぐにこう答えました。
「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」
しかし、イエスは言われたのです。
「ペテロ。あなたに言いますが、
 きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」
そして、その通りになりました。
ペテロは本当にイエスを愛していたのです。
どこまでも命をかけてついていきたいと思っていたのです。
でも、実際イエスが捕まった時、彼は逃げるのです。
それでも、後からそっとついていきました。
他人のふりをして、なんの関わりもない人のようなふりをして・・・
そしてイエスの弟子だとわかると、知らないと三度言うのです。
その直後に鶏が3度鳴きます。

まさにイエス・キリストが言われた通りでした。
でも、この言葉は、イエスの愛でした。
深い深い愛でした。

あなたはサタンにふるいにかけられて、
私を知らないと三度言うけれど、
それで信仰が亡くなってしまわないように
私が祈ったから大丈夫だよ。
私のあなたへの愛は変わらないから、
あなたは必ず立ち直るからそしたら、
兄弟たちを力づけてあげるんだよ。
と前もって言われたのです。

知らないと言って裏切った時、
ペテロはショツクで立ち上がれなかったかもしれません。
イエスとその直後に目があって大泣きをしました。
でもそのイエスの眼差しは
決してせめたてるものではなかったのです。
私の言った通りだろ。
あなたはそんな弱さがあるのです。
でもそれを知った上で
私はあなたを召しだしたから大丈夫だよ
という深い深い愛の眼差しだったのです。

この後、ペテロは立ち上がります。
そして兄弟たちを力づけるようになるのです。
深い赦しと愛を持って。

posted by 主のしもべたち at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高の献金


みなは、あり余る中から献金を投げ入れたのに、

この女は、乏しい中から、

持っていた生活費の全部を投げ入れたからです。

                                         ルカの福音書214


イエス・キリストが、
人々が献金をしているところをご覧になると、
金持ちたちが献金箱に献金を投げ入れていました。
そこへ、ある貧しいやもめがやってきて、
レプタ銅貨二つを投げ入れいるのをご覧になりました。
その時イエスは言われたのです。
「わたしは真実をあなたがたに告げます。
 この貧しいやもめは、
 どの人よりもたくさん投げ入れました。
 みなは、あり余る中から献金を投げ入れたのに、
 この女は、乏しい中から、
 持っていた生活費の全部を投げ入れたからです。」

たとえレプタ二つであっても、
これは、この人の生活費のすべてでした。
彼女は全てを投げ入れたのです。

イエス・キリストは、その心をご覧になられます。
少なくても心がこもっていればいいというのとは違います。
このやもめは自分の全てを捧げたのです。
その心をイエスは喜ばれました。

神のために、喜んで捧げる、
自分の大切なものを、全てを捧げる、
その心を喜ばれたのです。
posted by 主のしもべたち at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

驚嘆する最高の答え


「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。

 そして神のものは神に返しなさい。」

          ルカの福音書2025


イエスを何とかして捕まえて、
総督の支配と権威に引き渡そうと考えていた人たちがいました。
彼らは、義人を装った間者を送り、
イエスのことばを取り上げようと、
イエスに質問して言いました。
「先生。私たちは、あなたがお話しになり、
 お教えになることは正しく、
 またあなたは分け隔てなどせず、
 真理に基づいて神の道を教えておられることを知っています。
 ところで、私たちが、
 カイザルに税金を納めることは、
 律法にかなっていることでしょうか。
 かなっていないことでしょうか。」
イエスはそのたくらみを見抜いて彼らに言われました。
「デナリ銀貨をわたしに見せなさい。
 これはだれの肖像ですか。だれの銘ですか。」
彼らが「カイザルのです」と答えると、
彼らにこう言われたのです。
「では、カイザルのものはカイザルに返しなさい。
 そして神のものは神に返しなさい。」
この答えを聞いた彼らは、驚嘆して黙ってしまい、
民衆の前でイエスのことばじりをつかむことができませんでした。

イエスの知恵は、深く高いのです。
あなたは人々を恐れたり、
何を言おうかとか、
どう答えようと思い煩う必要はありません。

主イエスがいつも共にいて、
あなたに最高の答えと知恵を与えてくださいます。
posted by 主のしもべたち at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエスを乗せたロバの子が見た栄光


イエスのもとに連れて来た。

                 ルカの福音書1935


イエス・キリストが
エルサレム入城するためのロバの子を
弟子たちが連れてきたとき、
彼らは、
そのろばの子の上に
自分たちの上着を敷いて、
イエスをお乗せしました。
イエスが進んで行かれると、
人々は道に自分たちの上着を敷き、
喜んで大声で神を賛美し始め、
こう言いました。
「祝福あれ。
 主の御名によって来られる王に。
 天には平和。栄光は、いと高き所に。」
するとパリサイ人のうちのある者たちが、
群衆の中から、イエスに向かって
「先生。お弟子たちをしかってください」
と言いました。
イエスはそれに答えて
「わたしは、あなたがたに言います。
 もしこの人たちが黙れば、石が叫びます」
と言われました。
人々はイエスに向かって
大声で賛美しましたが、
それをロバの子も一緒に聞きました。

ロバは普通荷物を運んだり、
仕事をするために1日中働き続けます。
ところが、「主がお入り用なのです」
と言われた言葉に従って、
主のところに来た時、
上着を乗せてもらい、
人々の上着の上を歩き、
多くの人たちから
主への賛美の声を聞きました。
もちろん、
その全ては主イエスへのものです。
でもその恵みに、
ロバの子も預かることができたのです。

あなたにも
「主がお入り用なのです」と語られる時、
あなたがその言葉に従って、
主をお乗せして歩み始めるなら、
あなたの人生にも
普通なら決して起こらないような
素晴らしいことが起きます。

イエス・キリストの招きと
言葉に応答して、従っていきましょう。
posted by 主のしもべたち at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠に決して滅びないもの!


この天地は滅びます。しかし、

わたしのことばは決して滅びることがありません。

                                                    ルカの福音書2133


聖書には、
この地上はやがて滅びるということが
はっきりと書かれています。
いつまでも続くと私たちが思っているものも
実はいつか終わりがきます。

私たちの
この地上の命も必ず最後の時、
死が訪れます。
それを逃れることのできる人は誰もいません。

しかし、
神のことばは決して滅びることがないのです。
永遠に堅く立つのです。
神のことばとは聖書の言葉であり、
またイエス・キリストご自身です。

私たちが、
この神のことばであるイエス・キリストを信じ、
そのことばに従うとき、
イエス・キリストについて行く時、
私たちは永遠に残るものを受け、
永遠の中に生きることができるのです。
posted by 主のしもべたち at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダのように裏切らないために!!


さて、十二弟子のひとりで、

イスカリオテと呼ばれるユダに、サタンがはいった。

                                                ルカの福音書223

イエスの弟子の中にイスカリオテのユダという人がいます。
このユダは、イエスを裏切り、祭司長たちに引き渡したのです。
たった銀貨30枚で・・・

聖書は「ユダに、サタンが入った」と言っています。
もちろん、ユダに罪があったからサタンに入られ、
イエス・キリストを裏切ってしまったのでしょう。
確かに、サタンは本当に存在します。
私たちの心と体を犯し病気にして、
人生を破壊してくるのです。
サタン、悪魔を侮ってはいけません。
でも、
サタンはすでに十字架で敗北しているので、
恐れることはありません。
私たちは、
父なる神さまの大きな愛の中で、
聖霊様の助けをいただいて、
イエス・キリストが
十字架で取られた勝利の道を進んでいきましょう。

イエス・キリストを信じて、
しっかりと教会の守りの中に、
とどまり続けましょう。

posted by 主のしもべたち at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい日記を始めます。

今まで、日記らしきものを書いてはみたが、
立場上、書くと色々と問題になり、
本音をかけない日記は書きたくないので、書かなかった。

でも、誰かのことを書くのではなく、
自分自身のことを、誰かに迷惑がかからないように書いてみようかと思う。

いつまで続くかわからないし、
毎日かけるとも思わないけれど、
とにかく始めよう。

そして、いつか
「愛(アガペー)に生きたイエス・キリストの生涯」
という本を書きたいと、心から願っている。

次男が、
本をもっと書いたらと言ってくれたのが
今日はとても嬉しかった。
posted by 主のしもべたち at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする