2016年10月30日

父の思い出を書き始めます。

父・木原忠治が天国へ帰って明日で2週間になります。

そろそろ父の思い出を書いていこうかと思います。


小さい頃のこと、中学生、高校生、そして浪人時代、

大学に入ってから・・・

大学生活が人より長かったので・・・いろいろあります。


大学時代には明確なボーンアゲイン、洗礼、そして、献身、


結婚、


木原の初孫の長女、長男、

次男、次女、三男、三女、四女、四男、


書き出すとたくさんありますが・・・


神様への感謝を込めて、

慌てず、一つ一つ書いていこうと思います。


木原忠治の息子として生まれて、本当に良かったと

今、思います。


父を天国に送るとき、一言言うとしたら「ありがとう」


そして「あなたの息子に生まれて本当に良かったと思います。」


いろんなことがありましした。

でもその全てを含めて、父の生き様は私にとって父親として、目標です。

クリスチャンの家長として、模範でした。


木原忠治の長男・イザヤ木原真
posted by 主のしもべたち at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

久しぶりに会った父の入院

先日、久しぶりに両親と会いました。

父は前日、頭をあらつた後、気持ちよくなり2時間ばかり寝たそうですが、

その後から苦しくなり、このまま天国に行くのかと本当に思ったそうです。

でも、その前に真(わたしのこと)がくるまでは生かしてくださいとイエス様に祈ったそうです。

その後回復して、わたしが合った時はだいぶ元気になっていました。

といつても、もうすぐ91歳なので・・


父は真に祈って欲しかったと言い、わたしは手を置いて祈りました。

息子として全く何もして挙げれず、未だに助けてもらうことの方が多い情けないわたしですが、

祈ることができるのは最高の恵みです。

イエス様に助けていただけるのは最高の祝福です。

それがわたしの親孝行、というかイエス様の恵みです。


わたしが帰った翌日、父は再び入院しました。

肺気腫で肺に水がたまつているけれど、もう高齢なので、抜く手術はしないということでした。


また父をお見舞いに、今度は妻とともにいければと願っています。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする