2016年11月18日

一浪で東京に行った時ー父の姿

一浪の時、東京に行きたいといつたら、
父は黙って、お金だけ出して送り出してくれました。

大阪に住んでいたので、友達は誰も歓迎してくれませんでした。
大学ならともかく、
浪人するのに東京に行くということは、
大阪の人には受け入れ難かったのでしょう。

父は、東京まで一緒に来て、寮を見に行き、
最後に東京駅だっと思いますが、新幹線で帰って行きました。
席が窓側ではなく、窓側の隣でしたが、
こちらを向いて手を振りながら、涙ぐんでいたように思います。
あの時の父の姿は、私の脳裏になぜか深く刻まれています。
今もはっきり覚えています。

もともとは涙もろいところがありましたが、
今回のことでは、それまでは涙などは見せなかったのですが、
その時は、思わずも涙が出てきたのでしょう。
父親になった今、父の気持ちがわかるような気がします。
一人息子を浪人生として東京において行く父は、
神様を信じていなかったら、
とても辛かったでしょうし、心配でたまらなかったと思いますが、
イエス・キリストに対する信仰があったので、
ああして私を送り出してくれたのだと思います。

それにしても私は、自分で自分の人生の道を決めてきました。
それは父がいたから出来たのだと今、よくわかります。
黙ってお金を出して、私の決定を受け入れてくれた父、
本当に私を信頼していてくれた父。

父の息子でよ良かったと改めて思います。

MAKOTO
posted by 主のしもべたち at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

高校・大学入試

高校入試のとき、父は何も言いいませんでした。
私は模擬試験を受け、
自分で高校を探し、
私立も公立も自分で受験校を決めました。

決して口を出さない父ではでしたが、
お金は何も言わずに出してくれました。

今から思えば、
間違いだらけの高校探しだった
と思います。

偏差値だけで、
どこを受けるか決めるような感じだった
ように思います。
もっと、
高校のカラーやその後の大学受験も考えて
選べばよかったと、今になって思います。

父は、お金を出し、
母と共に祈ってくれていたと思います。
私立を受ける前、よく勉強をしました。
公立はランクを一つ下げたので、
もう勉強しなくなりました。

それでも合格できました。

でも、その結果、
高校では勉強をほとんどしなかったように思います。
高校三年間は、私の人生のブラックホールでした。

父が「私立に行かせておけば良かった」
と言ったことがあります。
二浪したことを考えると、
私立に行ったほうが良かったかもしれません。
ただ、後悔はしていません。
浪人して東京に行きたいと言った時も、
黙ってお金だけ出して行かせてくれました。
二浪の時も、
合格したある地方の公立大学がありましたが、
父は、その合格証書を見せると喜んでくれて、
お金を出して、黙って二浪させてくれました。

大学も全部自分で探し受けました。
現役の時も、一浪の時も、二浪した時も・・
今から思えば、たくさん受けすぎたと思います。
本当にお金のかかる子どもでした。

父は口を出さず、お金だけ出してくれて、
私は、自分でいつも決めて生きてきました。

自分が父親になって、父に本当に感謝しています。
自分も子どもたちに、
父のようにしてしてあげたいと思っても、
全く父のようにしてあげれませんでした。

MAKOTO
posted by 主のしもべたち at 08:21| Comment(0) | 日記 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

山登りが好きになった父

父と中学生の頃と高校生の頃、山登りに行った。

それは私が誘った。

それから父は、山登りに病みつきになった。

一人でも行き、
結婚した姉の婿殿を連れて一緒に行ったりしたようだ。


愛媛の弓削島という田舎に育った父は、
瀬戸内海という海で育った。

ところが、目が悪かったので、
父のことを思う母が、
四国八十八ヶ所巡りに連れて行ったそうで、
山登りもしていたのだろう。


祈りつつ登り、休憩の時に、必ず賛美歌や聖歌を歌う。

初孫のこうじは、山に一緒に登ったことがあるので、
「主我を愛す」と前夜式で前奏が流れると、
おじいちゃんを思い出して号涙したほどだ。


isaiah
posted by 主のしもべたち at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする