2017年02月26日

R君が、妻と友達を連れて、久しぶりに教会に訪れました。 Re: 19日の日記

午後の礼拝、

突然扉が開いて入ってきたのはR君、台湾人の奥さんと福岡在住の友人を連れて教会に来ました。

講談でメッセージ前の賛美をしている私のところに来て、いきなりハグです。

私も感動してハグしました。


最近、彼の国のために祈っていたので、驚きました。

今、彼は日本ではなく、母国に帰り、Aという街で両親と奥様と生活しているようです。

その街はかつて私が・・・・

思い出深い特別な街です。


再び主の扉が開き、何かが始まり始めたようです。


神様の働きにワクワクします・・
posted by 主のしもべたち at 12:51| Comment(0) | 日記 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

祈りの殉教ツアー Re: 8日の日記

今日は朝から、早天を終えて、お墓に行きました。
総勢12人。
今日は簡潔に説明が出来ました。
1人の人が今日で一番良かった。
とまだツアーが始まる前に言うほどでした。
神様の特別な祝福の手を感じます。

ツアーは、とても祝福されました。
いつも辛口で、色々とアドバイスしてくれる妻が、
今日は分かり易かったと、ほめてくれました。
これが、私にとっては一番の祝福でした。

山本村、彼杵、時津、そして西坂、

一つ一つの場所で主と深く交わることが出来ました。
こんなに昨日、今日と天気が良かったのも、恵みでした。


4月から大学生になって、東京に行く4女の祈り、
長崎で共に戦ってきたS牧師の娘、ミッキーSA..------
一緒に廻れて本当に良かったです。


いつか、保存版の殉教ツアーのビデオを撮りたいですね!

isaiah
posted by 主のしもべたち at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殉教聖会特別賛美 Re: 7日の日記

夜の殉教聖会で、
長崎オールスターズの特別賛美がありましたが、
出た1人1人に神さまの愛の物語があります。

ヴァイオリンのヒデさんは、
ラジオで救われ、病院から退院した人です。
ラヂオ受洗者第一号、
この日は朝から薬を飲まずに、
昼の西坂、夜の平和会館とヴァイオリンを弾きました。

もう1人のヴァイオリンは、
70歳近くになって、シスターを辞めて長崎教会に来た方です。
エアーヴァイオリンが得意でしたが、
今では、本物のヴァイオリンを奏でるようになりました。

フルートは、ゴスペルクラブで救われたパニック障害だった女性の方。
今回は準備の時から大活躍でした。

賛美したのは、
統合失調症が完全に癒された島原のH牧師、
カトリック浦上教会から来たM姉妹、

等々

すごくうまくはなかったと思いますが、
一人一人の心からの神さまへの、
イエス・キリストへの感謝が込められていました。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする