2017年03月20日

被災地。熊本でJ-ゴスペルコンテストin南九州予選  Re: 20日の日記

被災地の熊本市で、J-ゴスペルコンテスト南九州予選をしました。
小学生以下2チーム、
ヤング1チーム、
一般は、22チームでした。

九州予選に7チームが参加できます。
1位と2位は、ダントツでしたが、
3位から10位は2人の審査員が割れました。
できれば10位まで、九州大会に行かせてあげたいです。

朝、予定していたバスに乗り遅れ、
基山経由で乗り換え、12時過ぎに熊本入り、
用意してくださった美味しいお弁当を食べ、

午後1時から賛美大会スタート。
審査は難しい。
若い人たちが出てきたのが嬉しかったです。
久しぶりに熊本で出来たのも嬉しかったです。

熊本から2チーム、
鹿児島から2チーム、
宮崎から2チーム、
そして長崎のオンラインが1チーム
次点に人吉が2チーム、
でした。

人吉がとても残念でした。
牧師がとても緊張していたので驚きました。

終わった後、聖会で会衆と共に賛美をした時、
とても臨在がありました。

いつもは泊まるのですが、今日は、バスで日帰りです。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘れた現金が帰ってきた。日本は本当に良い国だ !!!  Re: 16日の日記

朝、妻と祈り愛する妻を長崎空港に送りました。
名古屋に飛び、ホテルに直行し、両親と合流して、明日病院に行きます。
一年間、長崎に来て一緒に生活をした母が、新しい病院に転院する可能性があります。
何か大きな良い変化が始まりそうです。

空港から帰ってきて、お昼に子どもを連れてここオークに行き、食事をしました。
もうすぐ東京に大学生となっていく娘と次男坊、
短い時間でしたが、楽しいひと時でした。

外て家に帰ってくると、しばらくして携帯がなりました。
長崎の高速バス亭からです。

なんと昨日島原の郵便局に、私が現金を入れた封筒を忘れ、
そこに、高速バス停の領収書も入っていたので、
島原の郵便局から高速バス停に電話があり、
そこで調べてくださり、私に連絡が入りました。

本当に感謝てした。
そして日本は本当に良い国だと思いました。
日本人には、まだまだ倫理観が残っているのだなーと嬉しくなりました。

これがこれから精霊に用いられていきますように。

再び娘と次男坊を乗せ、島原の郵便局までドライブに行きました。
私にとっては充実した楽しい日になりました。
郵便局で封筒をいただきね現金を確認し、心から感謝を述べて帰ってきました。

途中、諫早の公園で次男と久しぶりにキャッチボールをしました。
楽しかったです。
そして、バッティングセンターへ。
レディースデイで四女もしました。
なかなかうまいので驚きました。
80キロの玉を結構上手く打っていました。
私も100キロの玉を打ちました。気持ちよかったです。
次男坊はこうきゅうの20キロ、良い当たりがたくさんありました。
やはりキャッチボールをして体と体が動きます。

そして四男を高校に迎えに行き、今度は四男が100帰路に挑戦。
コンタクトを忘れたものの、
それでもさすがは若い。スイングが早い早い、
とても楽しいひと時でした。

家に帰って、長女が作ったおそい夕飯を食べました。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jゴスペルコンテスト長崎県予選  Re: 12日の日記

12日の午後6時から、
神のしもべ長崎教会で、
J-ゴスペルコンテスト長崎県予選が行われました。
今年は20チームの参加で、例年より少なめでした。

昨年の順位の関係で、12チームが九州予選に出れます。

長崎教会は五島を入れて10チームでした。
私は、出る予定ではありませんでしたんが、
いろんな経緯があって、
急遽、主のしもべが出ることになりました。
そして、今年はFFにも参加することになりました。

しかし、どちらも、いまいちでした。
私は、本来会衆賛美を導き、
会衆とともに主を礼拝することが使命なので・・・
と言い訳してしまいますが、

まぁ参加できただけでもいいと思っていました。
すると、
主のしもべは、なんと山里ゴスペルクラブともに2位、
FFはカリス(諫早)、佐世保レインボーゴスペルクラブとともに4位、
と九州大会に参加できることになりました。

インターナショナルから出た2チームも8位と9位で、
ともに九州予選に参加できることになりました。

あとは五島ゴスペルクラブが11位で九州予選に参加します。

残念だったのは、島原ゴスペルクラブで14位で敗退。
でも神様が
「もう一年、さらに賛美し続けなさい。」
と励ましてくださっているような気がします。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする