2017年05月07日

鎖国破れるA

この修好条約の中には、
「居留民(外国人)は自国の宗教を自由に信仰いたし、
その居留の場所へ、寺社(自分の宗教の礼拝堂)を建てるも妨げなし」
と、書かれていました。

これによって、今まで禁止されていたキリスト教信仰が、
外国人居留者に限って公認されたのです。
そしてその結果、
長崎にも天主堂が建てられることになりました。
posted by 主のしもべたち at 01:05| Comment(0) | 日記 ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする