2017年08月05日

愛の光の中で・・・再び生きる

長いトンネルを抜けて、陽の光を浴びる。
眩しすぎる太陽を、やっと見上げることができる。

孤独だった日々、自分で選んだ罪と弱さの刈り取り、
抜け出すことのできない泥沼の中でもがき苦しんだ時、
一体どれくらい時は過ぎたのだろう・・・

誰も何も信じられない、
そう、自分自身が一番信じられない・・

永遠と向き合いながら、
聖さの前で涙しながら、
罪の中で、弱さの中に沈んでいく、そんな自分が悲しい・・・

でも、
すべてをなくした時、
すべてを離した時、
初めて自由になる、
そんなことは知っていた。
知っていたはずなのに、それができなかった。

今、陽の光の中で、やっと自由になる。
眩しい光
つきることのない変わらない愛、

新しく踏み出していこう、
もう一度、そうもう一度、
この愛があるから・・
この愛がある限り・・
あきらめなくていい。



十字架を見上げて
天を見上げて、
永遠を見上げて、

cross殉
posted by 主のしもべたち at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする