2018年01月29日

死の後に、火の池に投げ込まれてしまう!!!

ヨハネの黙示録20章の最後に、
「このいのちの書に名がしるされていない者はみな、火の池に投げ込まれた。」
と書いてあります。
このいのちの書に名がしるされていない者というのは、イエス・キリストを信じていない者のことです。
つまり、イエス・キリストを信じていなければ、死の後に火の池に投げ込まれてしまうのです。もう死んでいるから熱くないと思わないでください。この地上の身体は焼かれても霊は残り存在しています。

イエス・キリストを信じているものは、新しい朽ちない強い完全ないからだを頂いて復活するのです。

イエス・キリストの十字架には私たち人間の罪を贖い赦す力があります。ですから、このイエス・キリストの十字架を悔い改めて信じれば、この復活の命、復活のからだに預かれるのです。それ以外には助かる道はありません。
信じていなければ火の池に例外なく投げ込まれてしまうのです。

Isaiah M K
posted by 主のしもべたち at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする