2018年04月21日

結婚記念日のために・・温かい捧げもの

土曜日、徹夜明けに奉仕に向かう。
聖書を読み、夫婦で祈る。
時間がない、

JRに乗り、博多で乗り換え、飯塚へ。
回転寿司で食事をして、会場へ。
いつものように先に謝礼をくださる。
そのとき、お土産を買ってくださいと別の封筒もくださる。
裏には結婚記念日 おめでとうございます。
遅くなりましたが、お食事でもして下さい。
と書いてありました。

歳をとったのかもしれません、
涙が出そうになりました。
今年の結婚記念日は、私は東京、妻は長崎で、
2人で祈る時間もほとんどありませんでした。

本来受難日が結婚記念日なので、
17日にはこだわっていないのですが、
やはり心の片隅で、
食事どころではない状況なので、
とても辛い思いをしていました。
特に妻は本当にきついと思います。

なので、この捧げものに、
とても深く神様の愛を感じました。

感謝します。
心から、ありがとうございます。
いつも奉仕して、こちらが主の祝福をいただくばかりです。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ありがとう、フィリピンの青年たち

3月14日土曜日、
つまり今日、午後6時から、
4月と5月に帰国するフィリピンの若者たちの
お別れコンサートというか、
証し会の時を持ちました。

たくさん笑って、たくさん泣ける、感動の時でした。

日本に来て、文化も言葉も環境も違う中で、
戸惑いながら、ホームシックにかかり、
日本に教会はないと思っていたら、
見つかった教会、

そこで沢山の仲間たちに出会い、
いないと思っていた日本のクリスチャンにも出会い
神の家族の温かさを知った彼ら、

彼らは日本人の牧師である私にとつて、
神様からの贈り物でした。
彼らにメッセージを語りながら、
何度励まされ、
何度力づけられたか、

君たちの笑顔と眼差しは、
私にとって大きな希望でした。

沢ならとは言わずに、
ありがとう、そう伝えたい。

必ず、君たちと一緒に主のために働ける時が来る。
フィリピンで、
日本で、
世界のどこで、
そしてイスラエルで、

私は、信じている。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

友からの手紙

3/27に西坂であった大学時代の友から手紙と、その時撮った写真が送られてきました。

大学聖研の後輩です。
奥様と子どもとともに、信仰を今も持ち続けながら
随分と長い間、戦いを続けてきたようです。

愛するということは、一時的な感情ではありません、
最もきつい時や投げ出したくなるときに、
それでもしっかりと受け止めて、一緒に戦うことだと思います。
それは、こうして書いたり言ったりするのは簡単だけど、
実際に一緒に生き続けることは、そんなに楽なことではありません。

彼は、それをしてきたのです。
しかも教会の中で、癒されず誤解を受け、
信仰が足りないと言われながら・・・

彼が今もキリストを信じて愛していることが・・・
私には驚きであり、感動です。

彼は学生の頃から、いつも笑顔でした。
今も彼は笑顔です。

彼も私も太りました。
顔もアゴも太りました。
笑顔も柔らかい分厚い笑顔になりました。

彼と久しぶりに出会えたことは、
神様から私へのとても深い慰め、励ましでした。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 17:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする