2018年05月31日

心筋梗塞から奇跡の回復

今朝、鹿児島からら朝イチの熊本行き高速バスに乗り、
人吉へ。

人吉インターの高速バス停で
人吉教会のダビデ村上牧師が待っていてくれた。
彼の運転する車に乗ると、
今では軽作業もできるようになりました
と嬉しそうに仕事の話をされる。

今までいつも会うたびに心筋梗塞以来、
20キロ以上痩せてしまった
彼を見ると心が痛く辛かった。

でも、今日は明らかに元気そうでした。

聖会会場に着き、聖会が始まると、
特別賛美の時、彼が奥様や長女と賛美した。

その時、
半袖を着ていた彼の腕がはっきりと見えた。
腕の先の方と手が日焼けしている。

その線がくっきりと見える。

そして腕も随分太くなっていた。
元どおりになると太り過ぎだから
ちようどいい具合だと思う。

何かとても感動した。

1日病院に行くのが遅れていたら、
彼は死んでいたかもしれない。
体重は20キロ落ち、痩せこけて、
仕事も運転も禁じられた。

一生薬を飲みながら
障害者として生きて行くしかないと
医学的には診断された。

彼が言うには一年間、何もできなかった。

妻とともに祈り、運転も妻に頼り、
ほとんどお金にならない
障害者の社会厚生施設での仕事をした。

喜んで感謝をしてした。

一年経った時、神様の愛と奇跡が始まる。
もともと型枠大工のプロフェッショナルだった彼に、
元いた会社から声がかかる。

最初は社長代理の仕事が与えられ、
力仕事はしなくて済んだ。

気がつけば運転もできるようになり、
軽作業もできるようになった。

そして、今、
食事がとても美味しくて食べれるようになった。

日焼けした笑顔を見ながら、
太くなった日焼けした腕を見て、
本当に彼が
イエス・キリストを信じていてよかったなと思った。

神様、ありがとうございます。
そしてダビデ牧師、おめでとう。
これからも体を大切にして、
一緒に愛する主イエスとともに、
永遠のために働きましょう。

isaiah
ラベル:心筋梗塞
posted by 主のしもべたち at 13:03| Comment(0) | 心筋梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

イスラエル決定:ー共に戦い続けた牧師達に感謝  21日の日記

月曜礼拝で奉仕をしました。
いつもは妻がしますが、
今日は妻はお母さんと家でオンライン礼拝ということで、
私が奉仕をしました。

それから、預言の語り込み、
神学校の録画撮りを前倒しでしました。
いつも録画してくださる方が、
もうすぐパソコンのことを学ぶため取れなくなるので・・・
日本二十六聖人と浦上キリシタンの迫害と殉教の歴史
電動学ー社会奉仕
の2コマです。

今年は、カンボジアは行けるのかな?
ザンビアにも行きたいと強く願っています。
ストリーズキッズを実際この目で見て、
彼らとじかに触れ、話したいという思いがどうしてもあります。
そして。それを書いて紹介し、多くの方からサポートをいただきたい。
また映像部と写真部に一緒に行ってもらい、映像と写真で伝えてほしい。
そういう強い願いが今、あります。
神様、よろしくお願いします。

そのあとは賛美祈祷会、
これもいつも妻がしているのですが、
今日は私が導くことに、
ところが途中で、プイと帰る人が・・・
導きが良くなかったかな・・・

合間に食事をして、
それから、再び、預言を語り込み、
そして牧師会。

ここで昨日与えられた多額十一献金のことを確認し、
牧師会全員が、
私がイスラエルに行くことに賛成してくださり、
派遣費として飛行機代を出すことになり
イスラエルが確実になりました。

飛行機代は、高くなっていたのが、
最終的には13万5千円で取れました。
本当に感謝です。

国内線と前泊はこちらで取ります。
マイレージとポイントで取れるかな?

一緒に戦ってきた牧師達、
心から喜んで、
私がイスラエルに行くことに賛成し
笑顔と喜びと拍手で神様に感謝してくれる牧師達。
私は、かなり横暴な牧師だったと思います。
パワハラなんて言葉がありますが、
下手したら危なかったかもしれない・・・
それでも教会を離れず、
私のカバーの元にい続けて、共に戦い続けた牧師達。

ありがとう。
神様に、
そして、この牧師達の一人一人に
心から感謝をせずにはおれません。

30周年が経ち、
これから、いよいよ
リバイバルの大収穫に向かって行くこの時に、
神様の本当に深い愛と憐れみに、
ただただ賛美と栄光を捧げます。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30年が経ちました。Re: 22日の日記

長崎に遣わされて日付的にも30周年がたちました。
1988年5月22日日曜日でした。
朝、5:22に寝坊して起きたと思ったら、
実は5月22にちでした。
おかげで4時代の早天を夫婦でして、
それから西坂へ。

あの丘で夫婦で小雨ぱらつく中礼拝をしたのです。
私が叫ぶのとお腹に臨月の子がいたので、
途中から妻は雨宿りを兼ねて端の方に行きましたが。

今日は、朝から昨日買ったバス券風見当たらなくて、
困りました。
朝四時に目が覚めトイレに行った時、
今、聖書を読むといいなという促しが強くあったのですが、
読まなかったら・・・

実はバス券は聖書の中に挟まれていました。
あの時すぐ聖書を開いて読んでいたら、こんなに困らなくてすんだのです。
なんて愚かなんでしようね。
従っていれば、朝から慌てることなく、もっと祈れたのに・・・

午前中は妻とともに教会のことに関して祈り、
それから熊本へ。

そのことは、また後で・・・

isaiah
posted by 主のしもべたち at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする