2018年06月11日

天に召される。 5日の日記

諫早教会の小淵牧師が、天に召されました。

高速バスで福岡から大分に向かっていると、
ある牧師夫人から携帯に電話が入りました。
バスの中なので出れませんでした。
その後、教会からも電話が入りました。
やはり出れません。
それで、パーキングで休憩のときに
こちらから電話をかけました。

「もしもし・・電話をもらったようですが・・」
「今朝、小淵牧師が召されました。」
突然なので驚いて、全く声が出ませんでした・・・
しばらくお互いに沈黙が続きました。
それでは・・と電話を切った後、
再び電話がなり、
葬儀のことをどうしたらいいかということでした。

電話を切った後、すぐに妻と教会に連絡し、
対応してもらいました。

明日の6日の夜に前夜式、
明後日の7日の午後に告別式を、
神のしもべ長崎教会で行うことになりました。



大分に着いてみると、久しぶりに
ある方のお父さんが来ておられました。
お話を聞くと入院されていたとか・・・
今もリバビリをしているということでした。

体は元気になったとか、
でも精神的に弱くなりました。
と言われ、
大好きだったゴルフにも行けなくなったと
笑顔で、でも寂しそうに話しておられました。


とても祝福された聖会を終えて、
再び、バスで長崎へ帰りました。


教会に戻ると、
小淵牧師の遺体が置かれていました。
奥様とお嬢様とともに祈りました。
よみがえることを願って・・・

isaiah
posted by 主のしもべたち at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする