2018年12月28日

イエスはキリスト、救い主!

12月21日金曜日
「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」
マルコの福音書8章29節

イエスは弟子たちに、あるとき尋ねられました。
「人々はわたしをだれだと言っていますか。」

弟子たちは
「バプテスマのヨハネだと言っています。
エリヤだと言う人も、また預言者のひとりだと言う人もいます。」と応えました。

するとイエスは、彼らに尋ねられました。
「では、あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

ペテロが答えて、イエスに言いました。
「あなたは、キリストです。」

これが正解でした。
まさにイエスはキリスト、救い主、メシアなのです。


イエスはあなたにも聞かれます。
「あなたはわたしを誰だと言いますか。」
「あなたにとってわたしは誰ですか。」と。

あなたもはっきりと応えましょう。
「あなたはキリストです。」
「わたしにとって、イエスさま、あなただけがキリスト、救い主です」と。
posted by 主のしもべたち at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロヨラとザビエル

2018年12月23日日曜日

永遠のいのちー真に価値あるもの


人は、たとい全世界を得ても、

いのちを損じたら、何の得がありましょう。

        マルコの福音書836



かつて日本に福音を伝えに来たフランシスコ・ザビエルは、
パリ大学の若き青年教授でした。
そこに年配のイグナチオ・デ・ロヨラが、生徒としてやってきました。
講義の後に、ザビエルのところに来て質問しました。
「人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、どうなるのでしょう」
ザビエルは「来週まで待ってください」と言いました。
翌週、またロヨラは来て聞きました。
「人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、どうなるのでしょう」
ザビエルは、また言いました。
「来週まで待ってください。」
そんなことが続いた後、ザビエルは言います。
「あなたは、その答えを知っているのでしょう」
ロヨラは答えます。
「何の得にもならない」と。

そして、それからロヨラが教師となり、
ザビエルに永遠の命を、キリストの福音を宣べ伝え、教えます。
ザビエルはパリ大学の教授を辞め、宣教師となって日本に来たのです。

あなたが、たとえ全世界を得たとしても、
命を損じたら、何の得にもなりません。

私たちは永遠の存在で、
本当の故郷は天国、天のエルサレムなのです。

そこが私たちの報われる場所です。

そこに永遠の宝を積む、真に価値ある人生を生きましょう。

それは、イエス・キリストを信じることから始まります。

posted by 主のしもべたち at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエス・キリストにはできると信じるものにはできる。

2018年12月26日水曜日

イエス・キリストにはできると信じるものにはできる。


「できるものなら、と言うのか。

 信じる者には、どんなことでもできるのです。」

          マルコの福音書923


おしの霊につかれて、話せなくなっていた子を
イエス・キリストのところに連れていくと、
イエスを見ると、霊はすぐにこの子をひきつけさせ、
彼は地面に倒れ、あわを吹きながら、ころげ回りました。

それを見て、イエスが父親に
「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」
と聞くと、父親は
「幼い時からです。
 この霊は、彼を滅ぼそうとして、
 何度も火の中や水の中に投げ込みました。
 ただ、もし、おできになるものなら、
 私たちをあわれんで、お助けください。」と答えました。

するとイエスは言われたのです。
「できるものなら、と言うのか。
 信じる者には、どんなことでもできるのです。」
その子の父は、すぐに叫んで言いました。
「信じます。不信仰な私をお助けください。」
イエス・キリストが、汚れた霊をしかって
「おしとつんぼの霊。
 わたしが、おまえに命じる。
 この子から出て行きなさい。
 二度と、はいってはいけない。」と命じられると、
その霊は、叫び声をあげ、
その子を激しくひきつけさせて、出て行きました。

イエス・キリストには、できないことはありません。
どんなことでもおできになるのです。
あなたが信じるなら、
イエス・キリストは、
霊を追い出し、癒しを与え、奇跡をなしてくださいます。
私たちには力がなくても、
イエス・キリストには、その力があるのです。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられるからです。

posted by 主のしもべたち at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする