2019年11月30日

賜物と召命は変わらないー神の愛と恵みによって


神の賜物と召命とは変わることがありません。


        ローマ人への手紙1129



神はイスラエルを選ばれました。
しかしイスラエルはイエスを拒みキリストとして受け入れず
十字架につけて殺してしまいました。
しかし、それによって救いが異邦人、イスラエル民族以外にも及んだのです。
そして、そのことによって神はイスラエルに妬みを起こさせ
最後の時にイスラエルもすべて救われて救いは完成するのです。
ローマ人への手紙11章には、このことが書いてあります。

神様はあなたを恵みによって救われ召されました。
あなたが救われたのは、ただただ恵みによります。

そしてそれはあなたの人生に対する計画、召しにおいても同じなのです。
神があなたに立てておられる計画と召しは変わらないのです。

あなたがどんなに失敗し罪を犯してしまって、遠回りをしたとしても、
どんなにふさわしくなかったとしても、
神があなたを召されたなら、決して神はその召しを変えられはしないのです。

神はあなたを愛しておられるからです。

ひとり子イエス・キリストが、あなたのために十字架にかかられ復活されたからです。

その神の深く大きな愛の中で、
変わることのない賜物と召しをしっかりと握って
主の恵みの中を歩んでいきましょう。
posted by 主のしもべたち at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする