2019年12月15日

弱さを誇る!

弱さを誇る!



「わたしの恵みは、あなたに十分である。

 というのは、わたしの力は、

 弱さのうちに完全に現われるからである。」

  

     コリント人への手紙 第二 129



パウロはあまりにも素晴らしい啓示を受けていました。
そのために、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。
それはパウロが高ぶることのないように、彼を打つための、サタンの使いでした。
パウロは、これを去らせてくださるようにと、三度も主に願いましたが、

そのとき主はパウロに

「わたしの恵みは、あなたに十分である。
 というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」

と言われたのです。

ですから、パウロは

「キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」

と言い、続けて

「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。
 なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。」と言いました。

肉体の棘が何であったかはいろんな説があります。
何れにしても、そのためにパウロは弱くされました。
でもそのことによってパウロは神である主に、主イエスに頼らざるを得なくなり、
その結果、パウロは完全に強くされたのです。

私たちも、弱さがあるときにこそ、主により頼むことができ、強くされるのです。

ですから、大いに喜んで弱さを誇りましょう。
posted by 主のしもべたち at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする