2020年01月31日

決してあなたを見捨てられないお方

2020年1月30日木曜日

決してあなたを見捨てられないお方




わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。


           ヨハネの福音書1418



いつも周りに人々がたくさんいる人がいます。

でも多くの場合、
立場がある、お金がある、人気がある、
何かがあるので周りに人々が集まっています。

その何かが、つまり、立場やお金や人気がなくなると、
人々はスーと周りから消えていなくなってしまいます。

その時にそれでもかたわらに居続けてくれるのは本当の友達ですね。

あなたや私がどんなに失敗をしても、全てを失ったとしても、
決してあなたを見捨てることなく、あなたから離れない方がいます。

それがイエス・キリストです。

この方の愛を知った時、人は本当に安心して自由になります。

いつも自分のそばにいて、決して離れることなく、
いつも自分の味方になってくれるからです。

あなたを愛して十字架にまでかかりあなたを救い出してくださった方、
イエス・キリスト、
この方を信じこの方と共に歩んで生きましょう。
posted by 主のしもべたち at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見ないで信じる!

2020年1月29日水曜日


見ないで信じる!




「信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」


ヨハネの福音書20章27節


十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれるトマスは、
イエスが来られたときに、彼らといっしょにいませんでした。


それで、ほかの弟子たちが彼に「私たちは主を見た」と言った時、
トマスは彼らに

「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、
 また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません。」と言いました。


それから八日後のことです。
弟子たちとトマスがいっしょに室内にいいたところにイエスが来られたのです。
戸は閉じられていましたが、イエスが来て、彼らの中に立って


「平安があなたがたにあるように」


と言われました。


それからトマスに


「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。
 手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。
 信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」


とイエスが言われると、
トマスは答えてイエスに言いました。


「私の主。私の神。」


イエスは彼に言われました。


「あなたはわたしを見たから信じたのですか。
 見ずに信じる者は幸いです。」


見ないで信じる者になれたのなら、どんなに多くの祝福を見ていくことでしょう。
posted by 主のしもべたち at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇跡を生み出す教会の祈り

2020年1月28日火曜日


奇跡を生み出す教会の祈り




こうしてペテロは牢に閉じ込められていた。

教会は彼のために、神に熱心に祈り続けていた。


         使徒の働き125



ヘロデ王は、ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺しました。
それがユダヤ人の気に入ったのを見て、
次にはペテロを捕えて牢に入れ、四人一組の兵士四組に引き渡して監視をさせました。
過越の祭りの後に、民の前に引き出す考えだったのです。
こうしてペテロは牢に閉じ込められていました。

しか教会は彼のために、神に熱心に祈り続けていたのです。

その時、奇跡が起こりました。

主のみ使い、つまり天使が現れ、
ペテロがいた牢に光を照らし、ペテロを導き助け出したのです。

最初ペテロは幻を見ているのだと思いました。
それほどありえないことが起こったからです。

ペテロを縛っていた鎖は解け、彼は助け出されます。

あなたの愛する人が、
今どこにいて、どんな状況であったとしても、
主イエスは、その人を助けることがお出来になります。

あなたが教会に行き、教会で共に祈る時、
神のみ手が動き、愛する人を縛っている見える鎖も目に見えない鎖も、
くだき解き放って解放してくださるからです。

さぁ恐れず、心配しないで、教会に集い共に愛する人のために祈りましょう。

主イエスは、必ず天から愛と奇跡のみ手を伸ばして助け出し解放してくださいます。
posted by 主のしもべたち at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする