2016年12月20日

1年ぶりの宝殿、好きなものだらけの実家での食事  Re: 18日の日記

久しぶりの外部奉仕。
1年前、同じこの宝殿イエス教会で奉仕をさせていただいて以来です。
教会が明るくなった感じがしました。
ここにもリバイバルの波が来ているのでしょう。
いろんな問題を持った人たちがたくさんいますが、
それは宝の宝庫で、神様がまさに働かれる時が来ているのだと思いました。

夜は、大阪の実家へ行きました。
姉も来ていました。
私の好きなものばかりの食事が待っていました。
おつくりー刺身のことです、マグロにタイにハマチ、ちりめんじゃこ、サラダもやゴージャスな感じ、ちくわの代わりにかまぼこもあります。
娘のところに風呂に入りに行きましたが、あまりに疲れていたので、入らずに帰ってきました。
やはり、入った法がよかったと後でね思いました。

翌日は、少し早めにラッシュを避けて大阪伊丹空港に行きます。
母がずいぶん弱っているようで、この一年はできるだけ大阪に来てあげたいと思います。
年末年始、殉教聖会、どちらも長崎に来るのは、少し難しいようです。
母も歳をとりました。
これからは、こちらが世話をしてあげないと・・・
気づくのが遅すぎるぐらいですね。

今までいつも母の世話を(父もでしたが)、してくれている姉と姉の婿殿に心から感謝です。
isaiah
posted by 主のしもべたち at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: