2017年07月18日

58歳、涙の誕生日パーティー、ケーキが美味しかった。

海の日、7月17日、祭日の月曜日、
高速バスを乗り継いで大牟田に行きました。

聖会の奉仕があったからです。
聖会を終えて、帰ろうとしていたとき、

牧師が言いました。

「これから、今日は少し時間があるので、
 誕生日のお祝いをしましょう」

牧師夫人が買ってきてくださつたケーキを囲んで、
ささやかな、
でも、
とても暖かい心のこもった誕生日パーティーが始まりました。

驚きました。

私の誕生日は金曜日の21日、
まだ少し先なのですが、
牧師ご夫妻でお祝いしてくださいました。

HAPPY BIRTHDAY!

を歌った後、
牧師がケーキを食べる前にお祈りをと私に降ってきた。

正直に言うと、祈りたくなかったのです。

どうしてかというと、祈ると、
もしかしたら泣くかもしれないと思ったからです。

それぐらい何か感動していました。

最近、父の日でも、結婚記念日でも、
昔のようには子供たちから祝ってもらえない、
それは、お互い忙しくてほとんど私がいなかったり、
子供がいないからなのですが・・

でも何か寂しい気持ちでいたことも事実です。

それで、何かとても嬉しかったのです。

全く考えていなかったので、
とても感動して嬉しかったりのでしょう。

断るわけにもいかないので、祈りました。
すると、やはり、主の前に出ると、嘘はつけないので・・・
涙で祈れなくなりました。


21日で58際、
年をとると、
本当に心を込めて祝ってもらうと、
こんなにおと嬉しいのですね。


ただ形だけとか、
立場があるとかで祝ってもらったとしても、
それなりには嬉しいと思うのですが。。

こんな風に、サプライズで、
心を込めて暖かく祝ってもらえると、

本当に嬉しいですね。

大牟田の牧師夫妻に、
そして主キリスト・イエスに、
心から感謝します。

本当にありがとう。


私も、
年とった母のことを
祝ってあげるといいなと思いました。


isaiah
posted by 主のしもべたち at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: