2017年11月24日

天国へ届けこの賛美、7周年記念会

7年前、彼は20歳になってすぐに天に帰って行った。
突然だった。
よみがえりを信じて、たくさんの若者が、祈りに来た。
でも彼はこの地上には、その時帰ってこなかった。

彼との約束を果たそうと、
彼が作った賛美を白馬で賛美した親友だった次男。
誤解と無理解の中で、
ただ一つ求めた臨在、
それを「臨在がないと」と言われ、彼の時間はそこで止まった。

あれから7年、
生きる力を失い、
全ての創作意欲を失った次男、
その彼が7年経った時、
主が言われた記念会で、賛美を導き賛美をささげた。

彼が作った賛美を7年ぶりに歌った。
魂の底から彼と共に愛した主イエスに向かって・・

縛られた枷を神の愛が砕き、
自由の中を生きる力が与えられてくる。

涙と笑顔が溢れる記念会、
天国から聞こえてくる賛美と祈りの声は、
地上に残されて生きる家族と教会を力づけた。
とても深く、癒し力づけてくれる。

感謝します、神様。
心から感謝します、イエスさま。
彼に伝えてほしい。
心からの「ありがとう。」を。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: