2018年05月23日

30年が経ちました。Re: 22日の日記

長崎に遣わされて日付的にも30周年がたちました。
1988年5月22日日曜日でした。
朝、5:22に寝坊して起きたと思ったら、
実は5月22にちでした。
おかげで4時代の早天を夫婦でして、
それから西坂へ。

あの丘で夫婦で小雨ぱらつく中礼拝をしたのです。
私が叫ぶのとお腹に臨月の子がいたので、
途中から妻は雨宿りを兼ねて端の方に行きましたが。

今日は、朝から昨日買ったバス券風見当たらなくて、
困りました。
朝四時に目が覚めトイレに行った時、
今、聖書を読むといいなという促しが強くあったのですが、
読まなかったら・・・

実はバス券は聖書の中に挟まれていました。
あの時すぐ聖書を開いて読んでいたら、こんなに困らなくてすんだのです。
なんて愚かなんでしようね。
従っていれば、朝から慌てることなく、もっと祈れたのに・・・

午前中は妻とともに教会のことに関して祈り、
それから熊本へ。

そのことは、また後で・・・

isaiah
posted by 主のしもべたち at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: