2019年01月08日

イエス・キリストが礎の石


『家を建てる者たちの見捨てた石、

 それが礎の石となった。

 これは主のなさったことだ。

 私たちの目には、不思議なことである。』

          マルコの福音書1210-11


中東の地域で家を建てる時は、石で家を建てます。
日本では木ですね。
礎の石というのは、その土台となる石、礎石となる石のことです。
家を建てる人が、
これは役に立たない、いらない、と言って捨てた石が、
なくてはならない礎の石になったという意味です。


この礎の石は、イエス・キリストのことを指しています。

人々がイエス・キリストなんかいらないと言って
十字架にかけて殺しましたが、
そのイエス・キリストが、
その十字架が、人々にとって、なくてはならない救いとなったのです。
posted by 主のしもべたち at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: