2019年01月21日

四十  浦上四番崩れ4−一村総流罪

「旅」
 信者たちは、この流罪を「旅」と言いました。一村総流罪というこの旅は、近代日本の歴史に特筆されるべき残酷物語ではありました。しかし、旅に出る人々の心は明るかったのです。信仰を守り神さまへの忠実を貫いて、殉教への旅に出ることは、彼らに残されたただひとつの道だったからです。
posted by 主のしもべたち at 07:00| Comment(0) | パソコン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: