2019年04月05日

ロバの子に乗ってエルサレム入城

『主がお入用なのです。』
ルカの福音書19章31・34節

イエス・キリストが地上に来られた目的は、
私たち人間の罪の身代わりになって
十字架にかかり、呪いを引き受け罰と裁きを受けることでした。
その十字架にかかる最後の週にエルサレムに入城されます。
人々は「ホザナ、ホザナ」と言って歓喜でイエスを迎えます。
そのときイエスが乗られたのが、ロバの子でした。
そのロバの子は、イエスがふたりの弟子を使いに出して
「向こうの村に行きなさい。
 そこにはいると、まだだれも乗ったことのない、
 ろばの子がつないであるのに気がつくでしょう。
 それをほどいて連れて来なさい。
 もし『なぜ、ほどくのか』と尋ねる人があったら、
 こう言いなさい。『主がお入用なのです』」
と言って遣わし、
使いに出されたふたりが行って見ると、イエスが話されたとおりで、
彼らがろばの子をほどいていると、その持ち主が
「なぜ、このろばの子をほどくのか」
と彼らに言ったので、弟子たちが「主がお入用なのです。」
と言って連れてきたロバの子でした。

主イエスは、地上の生涯の最後のエルサレム入城の時、
馬ではなくロバの子を選ばれました。
しかも、どのロバの子でもよかったのではなく、
向こうの村のまだ誰も乗ったことのないそのろばの子でした。

主イエスは、あなたにも言われます。
「あなたが必要なのだ」と。
隣の人でも横の人でもなく、そこにいる、そのあなたが必要なのです。
「主がお入り用なのです。」
主の招きに答えて行きましょう。

この終わりの時代に、
主がお乗りになって主の使命の道を歩ませてくださいます。
posted by 主のしもべたち at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: