2019年12月12日

神が共にいる恵みと祝福

神が共にいる恵みと祝福



 「おめでとう、恵まれた方。

 主があなたとともにおられます。」


      ルカの福音書128



これは有名な御使いガブリエルがマリヤに受胎告知する場面です。
マリヤはダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、
ナザレというガリラヤの田舎の町にいた処女でした。
御使いは、はいって来ると、マリヤに言いました。

「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」

しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、
これはいったい何のあいさつかと考え込んでしまいます。
すると御使いが言いました。

「こわがることはない。マリヤ。
 あなたは神から恵みを受けたのです。
 ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。
 名をイエスとつけなさい。
 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。
 また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。
 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」

御使いは最初、
「おめでとう。恵まれた方」
と言い、その次は、
「あなたは神から恵みを受けたのです。」
と言われました。

イエス・キリストを聖霊によって身ごもったマリヤ、
神のひとり子である主イエスを身ごもったことは
この上ない恵みでありとても大きな祝福でした。
どうしてかというと、主がいつも共にいることになるからです。

主がいつも共にいてくださる。
これにまさる恵みと祝福はありません。

マリヤは、神から恵みを受けたのです。
そして祝福されました。

あなたが自分の罪を悔い改めて、
主イエスの十字架を信じたその時から、
主イエ・キリストは、あなたのうちに共にいてくださるのです。

聖霊様があなたの内側に宿ってくださっています。
そして決してあなたを見捨てて孤児にされることはないのです。

神であられる主イエス・キリストが、共にいてくださる、
この素晴らしい最高の祝福と恵みの中を、共に歩んでいきましょう。

主イエスの愛をあふれるほどに受けながら・・・
posted by 主のしもべたち at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: