2021年04月08日

礎の石

4月8日(木) 礎の石

『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、
 礎の石となった。』というのはこの方のことです。

     使徒の働き4章11節


中東では家を立てる時、石で建てます。
その家を建てる者たちが、この石は役に立たない、要らないと見捨てた石、
その見捨てられた石が礎の石、つまり土台石、
なくなてはならない石になったという言葉です。

これはイエス・キリストのことを言っています。

ユダヤ人、そしてすべての人々の救いのために来たイエス・キリストを
人々は要らないと言って十字架につけて殺してしまいました。

しかし、その十字架が人間の救いへの道、永遠への道を開いたのです。

あなたが、もし見捨てられた石のように今、なっていたとしても、
そのあなたを主はこの時代に、
なくてはならない大切な礎の石として救い育み建てあげて用いてくださるのです。

イエス・キリストの十字架を信じ、
この方の愛と恵みの中を、主イエスと共に歩んでいきましょう。


あなたはイエス・キリストに愛されています。
posted by 主のしもべたち at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: