2018年11月01日

十字架で治らない病気はない!

10月11日木曜日
「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」
            
          マタイの福音書8章17節


イエス・キリストが十字架にかかられた時、
彼は、私たち一人一人の罪とともに、
全ての病、病気をもその身に引き受けてくださいました。

キリストが十字架で死なれた時、
罪も病気も悪霊からも、
私たちを解放し癒してくださったのです。

ですから、
私たち一人一人が、
自分の罪を認めて悔い改め、
イエス・キリストの十字架を信じるなら、
罪が赦されて救われるのとともに、
全ての病、
どんな不治の病であっても、
心の病気であっても、
何かわからない力に縛られていても、
必ず癒され解放されるのです。
posted by 主のしもべたち at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

着物に触われば直る!そう信じて直った12年の間婦人病だった女性

10月15日
「娘よ。しっかりしなさい。
 あなたの信仰があなたを直したのです。」
      マタイの福音書9章22節


12年間長血(婦人病)だった女がいました。
今まで、どの病院に行っても、どんな名医のお医者さんにかかっても直りませんでした。

でもイエス・キリストのことを聞いた時、
彼女はキリストの着物に触れることができれぱ、きっと直ると信じました。
そしてイエスの後ろに来て、その着物のふさに触りました。
その瞬間、イエスは振り向いて、彼女を見て言われました。
「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」
すると、その時から、全く直ったのです。

イエス・キリストには不可能はありません。
あなたが、イエスはきっと直してくださる。
キリストは、きっと答えて解決してくださる。
そう信じてイエス・キリストに近づき、
その衣のふさに触れる時、あなたにも奇跡と癒しが起こり救いがやって来ます。

さあ、今、イエスさまを信じて、キリストのところに近づきましょう。
posted by 主のしもべたち at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大収獲のために働き人を

10月17日
「収穫は多いが、働き手が少ない。
だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」
マタイの福音書9章27ー28節

今まで日本には、たくさんの国々から、多くの方々が
イエス・キリストの福音を携えて宣教に来られました。
ヨーロッパから、アメリカから、
最近は韓国をはじめとするアジアから・・・

日本では一時的にクリスチャンが増えたことはあっても、
たくさんの人が救われるリバイバルというのは
戦国の終わりに少しあっただけで、ほとんど起こりませんでした。

世界各地に起こる地震や天災を見ても感じられるように、
今は、終わりの時代です。

神さまは、この終わりの時代に、
日本にもリバイバルを起こし、たくさんの人々を全世界に遣わそうとされています。
今まで小さくて弱かった教会を通して、
多くの人がイエス・キリストに出会い、救われてくるでしょう。

だから働き人が必要なのです。
そのためにイエスは言われました。
大収穫が来るので、
そのために必要な働き人を収穫の主に送ってくださるように。 祈りなさいと。
posted by 主のしもべたち at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする