2019年02月18日

一人になって祈られるイエス

-->

しかし、イエスご自身は、

よく荒野に退いて祈っておられた。

ルカの福音書516


イエス・キリストが
人々をいやし、奇跡を行なっていることのうわさは、
どんどん広がり、ますます広まって行きました。
それで多くの人の群れが、話を聞きに、
また、病気を直してもらいに集まって来ました。

しかし、イエスご自身は、
よく荒野に退いて祈っておられたのです。

イエスは人々の願いと求めには
どんなに忙しく疲れていても答えられました。
しかし、どんなに忙しくても
必ず荒野に退いて静まって
父なる神と交わり祈る時は保たれていました。

それがイエスがアガペーの愛に生き、
奇跡を行われ続けた秘訣でした。

私たちも、どんなに忙しくても
イエス・キリストの名よって
父なる神様のところに行き
聖霊様と深く交わり祈る時を
失わないようにしましょう。

そこに、主イエスと共に愛に生き
奇跡と癒しを見続ける鍵があるのです。

-->
posted by 主のしもべたち at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖霊のバプテスマによって全く新しくなる


しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、

あなたがたは力を受けます。

そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、

および地の果てにまで、わたしの証人となります。

                                               使徒の働き18


イエスは弟子たちに
「聖霊のバプテスマ」とは何かを教えられました。
それは、聖霊が弟子たちの上に臨まれること、
そしてその時、彼らは、
エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、
および地の果てにまで、
キリストの証人となると言われたのです。

この「証人」という言葉は
「殉教者」と訳せることばです。
つまり弟子たちは、
たとえ殺されても
イエスがキリストであると
宣べ伝える証人になると言われたのです。

弟子たちは十字架の時、
怖くて逃げ出した者たちでした。
ベテロは3度知らないといい、
最後は呪いまでかけて誓ったのです。
この時も弟子たちは
怖くて一人でいれないので、
ともに集まって隠れていたのです。

その弟子たちが
命がけでイエスを宣べ伝える人に変わると言われたのです。

そして確かに、
この後、聖霊が臨み
「聖霊のバプテスマ」を受けた弟子たちは、
命をかけてキリストを宣べ伝える者に
変えられて行きました。

あなたがどんなに弱くて、
自分で自分をどうすることもできなくても、
大切な人が、どんなに頑張っても
抜け出せない悪習慣や弱さに苦しみ捉えられていても、
大丈夫です。

聖霊様があなたのところに来られ、
あの人のところに来れば、
私たちは変えられるのです。

聖霊様には、神には不可能はないのです。
神の約束を信じて待ち望みましよう。
聖霊は必ずあなたのところに、
あの人のところに来て、
全く新しくしてくださいます。
posted by 主のしもべたち at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祈りにかけた弟子たち


この人たちは、

婦人たちやイエスの母マリヤ、

およびイエスの兄弟たちとともに、

みな心を合わせ、祈りに専念していた。

                            使徒の働き114


聖霊のバプテスマを受け聖霊に臨まれると
「全世界に福音を宣べ伝える証人になる」
と語られた弟子たちは、
オリーブ山からエルサレムに戻り、
婦人たちや兄弟と共に祈りに専念します。

イエスから語られ与えられた
全世界への宣教の命令は
とても嬉しかったでしょう。
しかし同時に
その力がないことを
弟子たちは痛いほどわかったいました。

だから、
彼らは約束を待ち望み
信じて祈ったのです。

ユダヤ人たちを恐れていた彼らは
一人でいることはできず、
ともに集まり祈りました。
それほど弱くされていました。
でも、だからこそ彼らは約束を信じ、
その言葉にかけて祈りに専念しました。
そこにしか希望はなかったからです。

そして、
その約束通り聖霊が彼らに臨み、
彼らは恐れずに
福音を大胆に宣べ伝える者に変えらました。

あなたも、弟子たちのように祈りましょう。
たとえどんなに行き詰っても、
もうどうすることができなくなっても、
ともに集まり祈る時、
聖霊が来られて豊かに望まれ、
全てを新しく変えていかれます。
posted by 主のしもべたち at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする