2017年07月18日

58歳、涙の誕生日パーティー、ケーキが美味しかった。

海の日、7月17日、祭日の月曜日、
高速バスを乗り継いで大牟田に行きました。

聖会の奉仕があったからです。
聖会を終えて、帰ろうとしていたとき、

牧師が言いました。

「これから、今日は少し時間があるので、
 誕生日のお祝いをしましょう」

牧師夫人が買ってきてくださつたケーキを囲んで、
ささやかな、
でも、
とても暖かい心のこもった誕生日パーティーが始まりました。

驚きました。

私の誕生日は金曜日の21日、
まだ少し先なのですが、
牧師ご夫妻でお祝いしてくださいました。

HAPPY BIRTHDAY!

を歌った後、
牧師がケーキを食べる前にお祈りをと私に降ってきた。

正直に言うと、祈りたくなかったのです。

どうしてかというと、祈ると、
もしかしたら泣くかもしれないと思ったからです。

それぐらい何か感動していました。

最近、父の日でも、結婚記念日でも、
昔のようには子供たちから祝ってもらえない、
それは、お互い忙しくてほとんど私がいなかったり、
子供がいないからなのですが・・

でも何か寂しい気持ちでいたことも事実です。

それで、何かとても嬉しかったのです。

全く考えていなかったので、
とても感動して嬉しかったりのでしょう。

断るわけにもいかないので、祈りました。
すると、やはり、主の前に出ると、嘘はつけないので・・・
涙で祈れなくなりました。


21日で58際、
年をとると、
本当に心を込めて祝ってもらうと、
こんなにおと嬉しいのですね。


ただ形だけとか、
立場があるとかで祝ってもらったとしても、
それなりには嬉しいと思うのですが。。

こんな風に、サプライズで、
心を込めて暖かく祝ってもらえると、

本当に嬉しいですね。

大牟田の牧師夫妻に、
そして主キリスト・イエスに、
心から感謝します。

本当にありがとう。


私も、
年とった母のことを
祝ってあげるといいなと思いました。


isaiah
posted by 主のしもべたち at 18:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

78.4キロ〜久しぶりの78キロ代!!!!!!!

今朝、3日間の断食祈祷会を終えて、
体重計に乗ると、
78.4キロと出ました。

ひさしぶり〜〜〜
本当にひさしぶりの78キロ代です。
3日觀続けてしたわけではなく、
教会に泊まり込んで、
毎日2食のペースで断食しました。

祈りはすごいエネルギー、
きっとカロリーを使うのだと思います。

今回の断食はとても大切でした。
本当にポイントでした。
示されたことも大きかったです。

霊的に祝福されると
肉的にも、つまり実際も祝福されるのですね。

最近は歩いたりする気力がなくなっていたので、
体重も80キロ代やその近くになったりして
気力が萎えていました。
だから、何かとても嬉しいです。

神様は憐れみに富んだ方ですね・・・

isaiah
posted by 主のしもべたち at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

J-ゴスペルコンテスト全国決勝大会in白馬にPEACE出場!!!!!!

白馬の全国ゴスペルグループコンテスト、

あ、名前が変わりました。

J-ゴスペルコンテスト全国決勝大会in白馬

だったかな・・・


とにかく、
神のしもべ長崎教会の「PEACE」が
白馬に出場することになりました。

主のしもべは次点枠で選ばれなかったのですが、
PEACEが特別枠で選ばれました。

感謝です。


しもべが選ばれたら
一番最初に賛美できるようにと祈っていました。

というのは、
とにかく大会の一番最初に礼拝を捧げたいと思ったからです。

それから各賛美隊に賛美をしてもらいたいと願っていました。

私たちは順位は関係ないので・・・


そしたら何と、
「PEACE」が選ばれ、
一番最初に賛美することになりました。

最善にして最高の形で祈りは答えられました。

というのは、

PEACEは、一人で賛美するのではなく、

インターナショナルサービスに来ているフィリピンの人たちと出たいというのです。

また、CSのNちゃんとも出たいというのです。

Nちゃんはフィリピンと日本人のハーフです。


何か、特別な意味があるような気がします。


主が立てられた神の器を通して
特別な計らいをしていただきましたが、

長崎教会にとって、
とても大きな恵みが、
注がれてこようとしていることを感じます。

本当に感謝です。


またまだ書きたいことがあるのですが・・・

続きは次回に・・


isaiah
posted by 主のしもべたち at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

メタボ健診??????

先日、メタボ健診の4ヶ月検診なるものに行ってきました。
妻が岐阜に帰っていたので、私1人で行ってきました。

最近、ダイエットすることに気力を失っていたので、
ちょうど良いタイミングでした。
1時間弱、色々と話を聞き、
またチャレンジしようという気持ちになれました。

この4ヶ月ぐらいで79Kg代まで、
2Kgから3Kg減りましたが、
最近は、気力を失い、80Kgと79Kg代を行き来していました。

再び、77キロ、さらにそれ以下になれますように、
また再び祈りながらチャレンジしていけますように。
気力と意欲を与えてください。

何をするにも、伴走者が必要ですね。
最高の伴走者はイエス・キリストですね。
でも、そのキリストと共に、
実際に走ってくれる人がいると
やはり、強いですね。


PEACEが白馬賛美大会に出場することになりました。
神さまと主が立てておられる神の器、権威に心から感謝します。
そのことに関しては、
また次のブログで書きたいと思います。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

お久しぶりです。

もう長い間投稿をしませんでした。

書いたブログに対して色々と身近な方から言われて、
何も書けなくなりました。

もちろん、その方が悪いのではなく

もっともなことを言われたので、

なおさら書けなかったりですが、

再び、勇気を持って書こうと思います。

神様への愛、主イエスの愛をいただいて書こうと思います。


一人でも多くの方に
イエス・キリストに出会っていただけるように、
それだけを願って書こうと思います。

読んでくださる方が主の愛に触れられますように。


ということで、投稿再開です。


isaiah
posted by 主のしもべたち at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

南九州大会で起こった奇跡

先日行われた
『J-ゴスペルコンテスト九州地区予選決勝大会』には、
南九州、北部九州、長崎県の各ブロック予選を勝ち上がってきた29チームが出場しました。

実は、4月に行われた南九州予選の時に、
私のとても感動した話を予選の後で聞きました。
そのお話しを書きたいと思います。


神のしもべ長崎教会のオンラインを熊本でされている3人の夫人の方々がチームを作って、南九州のブロック予選に参加されました。
その中の一人のご婦人の中学二年生の娘の方が、ドラムを習っているので、練習して一緒に参加する予定でした。
ドラム教室の先生も楽しみにしてくださっていたのです。

ところが、今年熊本で持たれた南九州地区予選の会場は、
ドラム持ち込み禁止で、ドラムは叩けなかったのです。
お母さんもお嬢さんも先生も、がっかりされました。

でもそこで、お母さんは、あきらめませんでした。

「そうだ、九州地区予選に出られれば、そこでドラムが叩ける!」

そう思ったお母さんは、祈り始めました。

「イエス様、私たちの賛美チームが上位に入って、九州地区予選に出られるようになるのは、はっきり言って不可能です。
でも、娘もドラムの先生もがっかりしています。
どうか、この娘にドラムを叩く機会を与えてください。先生に、もう一度、目標をもって教えてもらえるようにして下さい。
あつかましい、図々しい祈りであることは十分にわかっています。
でもイエス様、あなたに不可能はありません、どうか、お願いです。上位に入りますように。
九州地区予選に出られるようになりますように。イエス様、お願いします。」 と

そして、お嬢様とも一緒に心を合わせて、不可能に向かって祈り始めました。

当日、今までで一番の最高の賛美ができました。
それでも正直言って、上位に入れそうには思えませんでした。

24チーム中の7位までに入らないと九州地区予選には出られません。

いよいよ発表の時が来ました。
10位から発表されました。
10位にも9位にも8位にも入っていませんでした。
そして、7位の発表の時、期待しました。
でもダメでした。
もしかして6位にと思いましたが、入っていませんでした。
もうダメだと思いました。
やはり5位には入っていません。

やはりダメだったのかと思いがっかりしていると、
4位の発表の時、
「九州ゴスペルクラブ熊本」と彼女のチームが呼ばれたのです。

もうびっくりしてしまいました。
3人とも驚きを越えて、
「エーーーー本当、奇跡だ!!!!!」と叫んでいました。

主イエス・キリストの父であり、私たちの父である神さまは、
このご婦人とお嬢さんの心を一つにした願いに答えられたのです。

お母さんの愛によって働いた神への信仰の願いは、
天に届いたのです。