2017年04月04日

奇跡と驚きにあふれた日曜日  Re: 2日の日記

アメリカから帰ってきて、翌日の日曜日。
いくつもの神様からのプレゼントがありました。

まず、5時半からの礼拝、
とても深い臨在の中、久しぶりに真実な礼拝、
「聖なるかな、聖なるかな」と、自然に口から出てきます。

そして祈り会。

7時半から第一礼拝、
五島に移動のY姉妹の証し、
これから再び五島の働きが始まると思うと楽しみです。

10時からの第二礼拝、
FFでの特別賛美、私も参加、
礼拝では証しとメッセージ、
第1に続いて、とても祝福されました。

そしてミニストリーの時、
ある方から教会への献金を渡されました。
後で確認したら十一献金ということでしたが、
それはオンラインのハイビジョン化に必要な金額でした。
驚きました。
そして神様を賛美しました。
牧師たちがみんな驚きました。

黙示録の学びをして、
午後の第3礼拝、インターと続きます。

その後一人の男性の方とお話ししました。
人生のとても大切な決断をされた方でした。

そして、平戸でも救いが起こったと連絡を受けました。

何かが始まっています。
大きな大きなリバイバルのうねりに向かって・・・

慌てずに、主イエスの後をついていきましょう。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

日本到着 四男と成田から福岡、そして長崎へ Re: 1日の日記

日本(成田)に着いたら、1日でした。
今回は、東京に四女と一緒に来ていた四男が迎えに来ていたことです。
一緒に帰るためですが、
やはり誰かが空港で迎えてくれると
嬉しいものですね。

一緒にチェックインを済ませて、
カードラウンジに行き、
しばらくしてから搭乗口へ行きました。

そこで、関西長老のM牧師に会い、
北九州のMちゃんと同じ飛行機だとわかりました。

荷物を預けているので、
すぐ出てこないとバスに間に合わなくなるので、
なかなか出てこずに、少し焦りましたが、
なんとか長崎行きのバスに間に合い、
11時過ぎに長崎に到着。

妻が車でバス停に来てくれていたので、
そのまま教会により、それから帰宅。

体重計に乗ったら夜なのに、
 80.6
明日の朝が楽しみです。

風呂に入るつもりでしたが、さすがに疲れたので、休みました。
でも時差ぼけかなかなか眠れず、
四時半には起きて、軽く食事をして教会に行きました。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

いよいよ帰国  Re: 31日の日記

ホテルを31日の朝出て、飛行機に乗り、
飛行機の中で4/1を迎える。

31日は短い日だ。
チェックインも入国審査もすんなりといった。
搭乗口では、さすがにお腹が減った。
お土産を買ってなかったので、とにかく、教会に買いました。
空港は高いですが、
とりなしはお金に変えられないくらい高価なものなので、
やはり何かを買っていきたい・・・
でもお土産を買うセンスがないので・・・

機内には早めにグループ2ということで入れたのだが、
聖書を忘れてきたことに気付き、
慌てて搭乗口に戻った。

間に合いました。
聖書を読みなさいということかな。

とりなしに支えられて、日本に向けてフライトが始まりまいす。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

第12回ゴスペルショーケース  Re: 30日の日記

今日、ゴスペルショーケースがホテルでありました。

みんな上手くなっていますね。
若い人もたくさん出ていてよかったです。
やはり、路上に出て行って賛美隊として賛美しているからですね。
賛美の霊的な力が強くなっていました。

ただ若い男性が少なかったような気がします。

本当に、とても良い時でした。

でも、それだけに自分はやはり、
ああして人の前に立って聞かせるという使命は
ないんだなと思いました。

真っ直ぐに神様に賛美する、
礼拝することに召されているんだな、
とよくわかりました。

もともと着飾るのは得意ではありませんし、
興味もありませんが、
確かに人々に向かって神様の愛を伝えていく時には、
服装や舞台での振る舞いというのは、
とても大切だと思います。

いわゆる芸能界という世界に憧れたことが全くないので、
もちろん、相手にもされないと思いますが、

自分は礼拝することだなと、すごく納得しました。
きっとうちの子供たちもその影響を受けているのでしょうね。

とはいえ、福音宣教のために、
リバイバルの鍵として、
賛美を通して神様が働かれ
「賛美隊」を用いられることは間違いない真実なことですから、
真の賛美隊が長崎教会からも立ってきますように。
そして私自身が真の賛美隊と主に認めていただけますように。

終わったのは、10時半ごろ、
交わりの後、後半の聖会をしようとしたら
もう11時を軽く超えていたので、
祝祷で終わりました。

きっとたくさん語るべきメッセージがあったと思うので、
聞きたかったです。

明日の早天閉会礼拝に期待します。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

マーリンさんを偲ぶ会派とても祝福されました。  Re: 29日の日記

アメリカでの29日が終わりました。
今日も昨日に続いて祝福された一日でした。
たくさんのお祈りのおかげだと思います。

本当に祈ってくださる教会と人々がいるということは素晴らしいですね。

早天聖会のあと、ボニーブレアハウスに行き、
午前中は祈り、
午後から祈りに来た人のバスでホテルに帰り、
マーリンさんを偲ぶ会のショートメッセージの準備をしました。

ところが、疲れがどっと出たのか、
祈りつつ半分眠ったみたいになってしまい・・・
でも、同室のK牧師がハリウッドから帰ってきて、
私も目覚め、説教の準備で簡単にパソコン打ち始めました。
最近、主が書くように言われているので書くことにしました。

書き終えて、すぐ下に行き、マーリンさんを偲ぶ会が始まりました。
とても祝福された素晴らしい会でした。
マーリンさんの映像が、とても良かったです。
去年はグレートジヨイでしたが、
今年はすべてのことを感謝する。

証も特別賛美も、
そして、パウロ牧師のメッセージも
多くの語りかけと励ましがあり、
本当に祝福されました。

私のショートメッセージも
多くの方の祈りに支えられて、
主のみ心を語れたと思います。
終わった後、
ある方が
「新井先生に、とてもメッセージや祈りが似ている」
と言われました。
個人的には、嬉しかったです。

さあ、明日は最終日、
気をぬくことなく、
主の祝福を受け長崎教会へ、
そして九州へ持ち帰れますように。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

プレイヤーチャペルでの礼拝  Re: 28日の日記

今日は朝から早天で奉仕でした。
預言とメインメッセージ、
たくさんのお祈りに支えられて、とても祝福されました。
終わったあと、深い平安と喜びがありました。
本当に感謝です。

そして、久しぶりに、プレイヤーチャペルに行きました。
とても、とても良かったです。

かつて四隅で天使が礼拝していると言われていたところですが・・・
私も、かつてチームで何度も来て祈った場所です。
今回は、2時間だけでしたが、本当に良い時間を過ごせました。
特に、最初の一時間ぐらい、かつてよく祈った四隅の一箇所で両手を上げて礼拝しました。
「聖なるかな、聖なるかな」と小さい声で・・
すると、とても強い臨在、きよさが注がれてくるのがはっきりとわかりました。
こんな感覚は、今までなかったものです。
そうか、礼拝すればいいのだ。と明確にわかりました。

あの長崎の今の会堂でも徹底して礼拝をすればいいんだ。
(その上で祈ることももちろん必要ですが・・)
はっきりとわかったのです。

それから全体でパウロ牧師が導かれて礼拝がありました。
そのあと、別の場所で30分間ぐらい、また礼拝しました。

私にとって、とてもとても大きな恵みと注ぎかけでした。
礼拝の原点に帰れたような気がします。
賛美大会がまだ始まっていなかった時に、
賛美のことが、まだ言われていなかった時に、
ジャックヘイホード牧師が日本に来て語ったメッセージ、
このプレイヤーチャペルに来て何度も祈り込んだ時、
その時に示された賛美と礼拝、
その原点に、より引き上げられ、
かつ弱く弱くされて、神様が戻してくださったのです。

いえ、戻ったというより、
深く開かれたという感じです。

たくさんの愛と多くのとりなしを受けて、
弱り果てていた私の霊を、主が引き上げてくださいました。

本当に、心からのとりなしの祈りに、
心から感謝せずにはいられません。

主イエス・キリストに感謝と栄光をお返しします。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎から羽田、成田、そしてロスに到着  Re: 27日の日記

朝はやく、妻の運転する車で、四女四男とともに長崎空港へ。

まず自分のチェックインをする。
私が荷物を預けている間に、
四女四男に自分たちの神戸行きの飛行機のチェックインと荷物預けを任せ、自分たちでさせる。
すると、きちんとしてきた。

やはり可愛い子には旅をさせるべきですね。

それから一緒に搭乗口まで行きました。
私が先に飛ぶので、見送ってもらい、私は機上の人となり、羽田へ。
羽田から成田に京急で乗り換えていくのが一番安いのでそれで行くつもりでしたが、
事故があり、一本で行ける電車がキャンセルになって運行中止ということで、
バスにしました。

成田についてカードラウンジで時間まで過ごし、集合場所へ。
そして飛行機でロスへ。

ロスに着くと、
27日のお昼に戻ります。
ホテルに行き、
スーパーに行き買い出しをして、
ホテルに戻ってきました。
部屋に入るまで時間があったので、
お茶とデザートをいただきました。

夜の聖会はとても祝福されました。
私自身はイマイチでしたが、聖会はとても祝福されました。
特別賛美も良かったですし、
メッセージが深く入ってきました。
今回は、今までよりもさらに深く祝福されるな、と思いました。

この一週間が楽しみです。

たくさんのとりなしを感じます。
本当に感謝です。

isaiah
posted by 主のしもべたち at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする