2019年02月18日

聖霊のバプテスマによって全く新しくなる


しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、

あなたがたは力を受けます。

そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、

および地の果てにまで、わたしの証人となります。

                                               使徒の働き18


イエスは弟子たちに
「聖霊のバプテスマ」とは何かを教えられました。
それは、聖霊が弟子たちの上に臨まれること、
そしてその時、彼らは、
エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、
および地の果てにまで、
キリストの証人となると言われたのです。

この「証人」という言葉は
「殉教者」と訳せることばです。
つまり弟子たちは、
たとえ殺されても
イエスがキリストであると
宣べ伝える証人になると言われたのです。

弟子たちは十字架の時、
怖くて逃げ出した者たちでした。
ベテロは3度知らないといい、
最後は呪いまでかけて誓ったのです。
この時も弟子たちは
怖くて一人でいれないので、
ともに集まって隠れていたのです。

その弟子たちが
命がけでイエスを宣べ伝える人に変わると言われたのです。

そして確かに、
この後、聖霊が臨み
「聖霊のバプテスマ」を受けた弟子たちは、
命をかけてキリストを宣べ伝える者に
変えられて行きました。

あなたがどんなに弱くて、
自分で自分をどうすることもできなくても、
大切な人が、どんなに頑張っても
抜け出せない悪習慣や弱さに苦しみ捉えられていても、
大丈夫です。

聖霊様があなたのところに来られ、
あの人のところに来れば、
私たちは変えられるのです。

聖霊様には、神には不可能はないのです。
神の約束を信じて待ち望みましよう。
聖霊は必ずあなたのところに、
あの人のところに来て、
全く新しくしてくださいます。
posted by 主のしもべたち at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祈りにかけた弟子たち


この人たちは、

婦人たちやイエスの母マリヤ、

およびイエスの兄弟たちとともに、

みな心を合わせ、祈りに専念していた。

                            使徒の働き114


聖霊のバプテスマを受け聖霊に臨まれると
「全世界に福音を宣べ伝える証人になる」
と語られた弟子たちは、
オリーブ山からエルサレムに戻り、
婦人たちや兄弟と共に祈りに専念します。

イエスから語られ与えられた
全世界への宣教の命令は
とても嬉しかったでしょう。
しかし同時に
その力がないことを
弟子たちは痛いほどわかったいました。

だから、
彼らは約束を待ち望み
信じて祈ったのです。

ユダヤ人たちを恐れていた彼らは
一人でいることはできず、
ともに集まり祈りました。
それほど弱くされていました。
でも、だからこそ彼らは約束を信じ、
その言葉にかけて祈りに専念しました。
そこにしか希望はなかったからです。

そして、
その約束通り聖霊が彼らに臨み、
彼らは恐れずに
福音を大胆に宣べ伝える者に変えらました。

あなたも、弟子たちのように祈りましょう。
たとえどんなに行き詰っても、
もうどうすることができなくなっても、
ともに集まり祈る時、
聖霊が来られて豊かに望まれ、
全てを新しく変えていかれます。
posted by 主のしもべたち at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

四十  浦上四番崩れ4−一村総流罪

津和野での拷問
 今度は神主の佐伯という人が説得にかかりましたが、信者は全く感心しません。そこでしかたなく、拷問を加えることに方針を変えました。畳をはぎ取り食事には一日米3合、塩一つまみと水、むしろとちり紙1枚をあてがいました。着物は捕らわれた日に着ていた物があるだけでした。
posted by 主のしもべたち at 07:00| Comment(0) | パソコン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十  浦上四番崩れ4−一村総流罪

津和野での拷問
 この旅の中で、特に迫害が厳しかった津和野の事を、少しだけ書いておきます。仙右衛門や勘三郎は、津和野に流されました。初めは毎日お寺のお坊さんが来て説教をし、転宗を迫りました。こうして半年が過ぎました。
posted by 主のしもべたち at 07:00| Comment(0) | パソコン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

呪いをかけて誓った裏切るペテロを愛し切られ、選び抜かれたイエス・キリスト


「鶏が二度鳴く前に、
あなたは、わたしを知らないと三度言います」という
イエスのおことばを思い出した。
それに思い当たったとき、彼は泣き出した。
マルコの福音書1472

イエスが捕らえられたとき、
ペテロは、イエスのことが気になって
遠くからイエスのあとをつけながら、
大祭司の庭の中まではいって行きました。
そして、役人たちといっしょにすわって、
火にあたって様子を伺っていました。
すると、大祭司の女中のひとりが来て、
ペテロが火にあたっているのを見かけ、
彼をじっと見つめて
「あなたも、あのナザレ人、
 あのイエスといっしょにいましたね」と言いました。
ペテロはそれを打ち消して、
「何を言っているのか、わからない。見当もつかない。」と言って、
出口のほうへと出て行きました。
すると女中は、ペテロを見て、そばに立っていた人たちに、
また、「この人はあの仲間です」と言いだしたのです。
しかし、ペテロは再び打ち消しました。
しばらくすると、
そばに立っていたその人たちが、
またペテロに
「確かに、あなたはあの仲間だ。ガリラヤ人なのだから。」というと、
彼はのろいをかけて誓い始め、
「私は、あなたがたの話しているその人を知りません」と言ったのです。
するとすぐに、鶏が、二度目に鳴きました。
そこでペテロは、
「鶏が二度鳴く前に、あなたは、わたしを知らないと三度言います」
というイエスのおことばを思い出し、
それに思い当たって、彼は泣き出しました。

ペテロは本当にイエスを愛していました。
しかし、恐れが彼を捕らえ、
イエスを知らないと呪いをかけて誓ってしまいました。
イエスが言われた通り、
鶏が二度泣く前に三度知らないと言ってしまいました。
彼は自分の弱さと情けなさに涙が出て止まりませんでした。
それはペテロだけではありません。
弟子たちは皆、逃げたのです。

ペテロは、私たちの代表です。
私たちは聖霊の助けがなければ、
恐れの前に、
どんなに愛していても裏切ってしまう弱い者なのです。

でも忘れないでください。
それでもイエスはべテロを愛しきられ、
最後まで選び抜いて、
そのペテロを通して、
初代エルサレム教会は建てあげられていったのです。

主イエスは、
同じようにあなたを愛し切られ、
選び抜かれて、
建てあげてくださいます。
posted by 主のしもべたち at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十  浦上四番崩れ4−一村総流罪

「旅」
この旅では、家族ばらばらにされる者が多く、親に別れ、夫に別れて見知らぬところに連れて行かれて、ひどい難儀をしたようです。彼らは信仰を守り通すため、全国21藩に流配され、6年有余の長い間,飢え渇きながら数々の拷問の苦しみに耐え、ついに1873年(明治6年)、キリシタン禁制の高札が撤去され、荒れ果てた浦上に帰ってくるのです。
posted by 主のしもべたち at 07:00| Comment(0) | パソコン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

神は最後まで選び抜かれる



あなたがたがわたしを選んだのではありません。
わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。
ヨハネの福音書1516


弟子たちに、イエスは言われました。
「あなたがたがわたしを選んだのではありません。
 わたしがあなたがたを選び、任命したのです」と。

弟子たちはイエスに
「わたしにつて来なさい」と招かれた時、
網を捨て、
父を置き、
それまでの仕事や過去を捨てて従ってきたのです。

彼らは、自分でイエスを選んでついてきたと思っていました。
でも、イエスは、そうではないと言われたのです。

わたしがあなた方を選んだのですと。

この後、
ペテロをはじめ弟子たちは、
イエスを裏切ってしまいます。

イエス・キリストの一番大切な十字架の時に、
イエスを見捨てて逃げてしまいます。
もし弟子たちが
イエスを選んだのだったら、
そこでおしまいです。

でもイエス・キリストが、弟子たちを選ばれたのです。
だから、たとえ弟子たちが裏切ろうと、逃げ出そうと、
イエスは弟子たちを最後の最後まで選び抜かれ、
復活された後、彼らに会い、再び召し出して、
彼らを通して働きを進められたのです。

同じように、
イエス・キリストは
あなたを、あの人、この人ともに、教会として、
召し出し、選ばれ、
あなたがどんな失敗をしても、
あの人が裏切ったとしても、
それでも、私たちを最後まで選ばれ、
この終わりの時代の大収穫のリバイバルの働きのために、
大きく用いてくださるのです。
posted by 主のしもべたち at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする