2019年04月11日

イエスを乗せたロバの子が見た栄光


イエスのもとに連れて来た。

                 ルカの福音書1935


イエス・キリストが
エルサレム入城するためのロバの子を
弟子たちが連れてきたとき、
彼らは、
そのろばの子の上に
自分たちの上着を敷いて、
イエスをお乗せしました。
イエスが進んで行かれると、
人々は道に自分たちの上着を敷き、
喜んで大声で神を賛美し始め、
こう言いました。
「祝福あれ。
 主の御名によって来られる王に。
 天には平和。栄光は、いと高き所に。」
するとパリサイ人のうちのある者たちが、
群衆の中から、イエスに向かって
「先生。お弟子たちをしかってください」
と言いました。
イエスはそれに答えて
「わたしは、あなたがたに言います。
 もしこの人たちが黙れば、石が叫びます」
と言われました。
人々はイエスに向かって
大声で賛美しましたが、
それをロバの子も一緒に聞きました。

ロバは普通荷物を運んだり、
仕事をするために1日中働き続けます。
ところが、「主がお入り用なのです」
と言われた言葉に従って、
主のところに来た時、
上着を乗せてもらい、
人々の上着の上を歩き、
多くの人たちから
主への賛美の声を聞きました。
もちろん、
その全ては主イエスへのものです。
でもその恵みに、
ロバの子も預かることができたのです。

あなたにも
「主がお入り用なのです」と語られる時、
あなたがその言葉に従って、
主をお乗せして歩み始めるなら、
あなたの人生にも
普通なら決して起こらないような
素晴らしいことが起きます。

イエス・キリストの招きと
言葉に応答して、従っていきましょう。
posted by 主のしもべたち at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠に決して滅びないもの!


この天地は滅びます。しかし、

わたしのことばは決して滅びることがありません。

                                                    ルカの福音書2133


聖書には、
この地上はやがて滅びるということが
はっきりと書かれています。
いつまでも続くと私たちが思っているものも
実はいつか終わりがきます。

私たちの
この地上の命も必ず最後の時、
死が訪れます。
それを逃れることのできる人は誰もいません。

しかし、
神のことばは決して滅びることがないのです。
永遠に堅く立つのです。
神のことばとは聖書の言葉であり、
またイエス・キリストご自身です。

私たちが、
この神のことばであるイエス・キリストを信じ、
そのことばに従うとき、
イエス・キリストについて行く時、
私たちは永遠に残るものを受け、
永遠の中に生きることができるのです。
posted by 主のしもべたち at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダのように裏切らないために!!


さて、十二弟子のひとりで、

イスカリオテと呼ばれるユダに、サタンがはいった。

                                                ルカの福音書223

イエスの弟子の中にイスカリオテのユダという人がいます。
このユダは、イエスを裏切り、祭司長たちに引き渡したのです。
たった銀貨30枚で・・・

聖書は「ユダに、サタンが入った」と言っています。
もちろん、ユダに罪があったからサタンに入られ、
イエス・キリストを裏切ってしまったのでしょう。
確かに、サタンは本当に存在します。
私たちの心と体を犯し病気にして、
人生を破壊してくるのです。
サタン、悪魔を侮ってはいけません。
でも、
サタンはすでに十字架で敗北しているので、
恐れることはありません。
私たちは、
父なる神さまの大きな愛の中で、
聖霊様の助けをいただいて、
イエス・キリストが
十字架で取られた勝利の道を進んでいきましょう。

イエス・キリストを信じて、
しっかりと教会の守りの中に、
とどまり続けましょう。

posted by 主のしもべたち at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい日記を始めます。

今まで、日記らしきものを書いてはみたが、
立場上、書くと色々と問題になり、
本音をかけない日記は書きたくないので、書かなかった。

でも、誰かのことを書くのではなく、
自分自身のことを、誰かに迷惑がかからないように書いてみようかと思う。

いつまで続くかわからないし、
毎日かけるとも思わないけれど、
とにかく始めよう。

そして、いつか
「愛(アガペー)に生きたイエス・キリストの生涯」
という本を書きたいと、心から願っている。

次男が、
本をもっと書いたらと言ってくれたのが
今日はとても嬉しかった。
posted by 主のしもべたち at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

ロバの子に乗ってエルサレム入城

『主がお入用なのです。』
ルカの福音書19章31・34節

イエス・キリストが地上に来られた目的は、
私たち人間の罪の身代わりになって
十字架にかかり、呪いを引き受け罰と裁きを受けることでした。
その十字架にかかる最後の週にエルサレムに入城されます。
人々は「ホザナ、ホザナ」と言って歓喜でイエスを迎えます。
そのときイエスが乗られたのが、ロバの子でした。
そのロバの子は、イエスがふたりの弟子を使いに出して
「向こうの村に行きなさい。
 そこにはいると、まだだれも乗ったことのない、
 ろばの子がつないであるのに気がつくでしょう。
 それをほどいて連れて来なさい。
 もし『なぜ、ほどくのか』と尋ねる人があったら、
 こう言いなさい。『主がお入用なのです』」
と言って遣わし、
使いに出されたふたりが行って見ると、イエスが話されたとおりで、
彼らがろばの子をほどいていると、その持ち主が
「なぜ、このろばの子をほどくのか」
と彼らに言ったので、弟子たちが「主がお入用なのです。」
と言って連れてきたロバの子でした。

主イエスは、地上の生涯の最後のエルサレム入城の時、
馬ではなくロバの子を選ばれました。
しかも、どのロバの子でもよかったのではなく、
向こうの村のまだ誰も乗ったことのないそのろばの子でした。

主イエスは、あなたにも言われます。
「あなたが必要なのだ」と。
隣の人でも横の人でもなく、そこにいる、そのあなたが必要なのです。
「主がお入り用なのです。」
主の招きに答えて行きましょう。

この終わりの時代に、
主がお乗りになって主の使命の道を歩ませてくださいます。
posted by 主のしもべたち at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエスに出会うと全く新しくされる


「きょう、救いがこの家に来ました。

 この人もアブラハムの子なのですから。

 人の子は、

 失われた人を捜して救うために来たのです。」

  

          ルカの福音書199-10


取税人であったザアカイのところに、イエスは泊まりに来られました。
人々は、そのことをよく言わず
「あの方は罪人のところに行って客となられた」
と言ってつぶやきました。
ところが、ザアカイは立ちあがり、主イエスに向かって言いました。
「主よ。ご覧ください。
 私の財産の半分を貧しい人たちに施します。
 また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します」
イエスは、彼に言われました。
「きょう、救いがこの家に来ました。
 この人もアブラハムの子なのですから。
 人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです」

ザアカイは、
今まで人生をかけてためてきた財産を失ってもいいと思いました。
イエスに出会って、彼は変えられたのです。
初めて本当の愛に出会ったのです。
自分をうわべだけで見ない、本物の愛に出会って、彼は変えられました。

あなたも
このイエス・キリストに出会うとき、本当の愛を知ります。

そのとき、あなたも全く新しくされるのです。
posted by 主のしもべたち at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたのところに泊まってくださるイエス・キリスト



「ザアカイ。

 急いで降りて来なさい。

 きょうは、あなたの家に

 泊まることにしてあるから。」

            

      ルカの福音書195


エリコにザアカイという人がいました。
彼は取税人のかしらで、金持ちでした。
当時、取税人はユダヤ人から軽蔑されていました。
それは、ユダヤ人であるにも関わらず同胞の民から税金を取り、
ローマに納める仕事だったからです。
しかも多くの者たちは、税金を多めに取り、
自分たちの懐に、つまりピンハネをしていたのです。
ですから嫌われていました。
そのエリコにイエスが来られたのです。
人々に慕われ、今、人気絶頂のイエスが来られて通られるのです。
ザアカイは、イエスがどんな方か見ようとしましたが、
背が低かったので、群衆のために見ることができませんでした。
それにザアカイとわかると
誰も彼が見えるように助けてくれる人などいませんでした。
それで、彼はイエスを見るために、前方に走り出て、
いちじく桑の木に登りました。
そのとき、ちょうどイエスが
そこを通り過ぎようとしておられました。
イエスは、ちょうどそこに来られて、
上を見上げて彼に言われました。
「ザアカイ。急いで降りて来なさい。
 きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」
ザアカイは、急いで降りて来て、
そして大喜びでイエスを迎えました。
ところが、人々は、これを見て
「あの方は罪人のところに行って客となられた」
と言ってつぶやきました。

イエス・キリストは、うわべで人を見られません。
背が低く取税人をして、
みんなから嫌われて孤独だった
ザアカイの心を見ておられました。
あなたの家に泊まると言われたとき、
本当に嬉しかったと思います。

あなたがもし今、孤独を感じていたり、
人々から嫌われたり
仲間はずれにされていても、
イエスは、
そのあなたのところに来てくださいます。
彼は、うわべを見て判断なさらないからです。

posted by 主のしもべたち at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする