2018年12月04日

大宣教命令

全世界に出て行く


あなたがたは行って、
あらゆる国の人々を弟子としなさい。
マタイの福音書28章19

復活されたキリストは、
弟子たちをガリラヤに呼び、
アルベル山で大宣教命令を与えられました。

弟子たちに
「あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい」
と命じられました。

この命令は、今も変わりません。

キリストの弟子は、
あらゆる国、全世界に出て行くのです。
弟子とするために、
なんども繰り返し出て行くのです。

あなたも
イエス・キリストの福音を携えて、
全世界に出て行きましょう。
人々を弟子とするために、
何度もなんども出て行きましょう。
posted by 主のしもべたち at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全世界に出て行く時、主は確かに共にいてくださる。

イエス・キリストが、いつもともにいる



見よ。わたしは、世の終わりまで、
いつも、あなたがたとともにいます。
マタイの福音書28章20

イエス・キリストが大宣教命令を命じられた時、
最後にこう言われました。
「見よ。わたしは、世の終わりまで、
 いつも、あなたがたとともにいます。」

イエス・キリストを信じた人には
聖霊が内住されます。
つまり
いつもイエス・キリストが共にいてくださるのです。

あらゆる国に出て行って福音を宣べ伝えていると、
その真理が、はっきりと霊の内に分かるようになります。

確かに
「主イエスがともにいてくださる」
ということを、
明確に知り、確信するようになるのです。
posted by 主のしもべたち at 01:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私も4時代に祈りたい。

朝早く1人で祈られたイエス


さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、
寂しいところへ出て行き、そこで祈っておられた。

マルコの福音書135


イエス・キリストが30歳で公生涯に立たれ、宣教の働きを始めると、
多くの人々がイエスのもとに集まって来ました。
病人をいやし、悪霊を追い出されたからです。

イエスは人々が眠っている間に起き、
1人になるために寂しいところに行き、
そこで祈っておられました。

そして人々が起きてくると、
また近くの別の村里へと福音を知らせに行かれたのです。

あなたが、
どんなに忙しい日々を送っていたとしても、
主に祈る時間を、大切にしてください。
1人で主に祈り感謝する時を失わないようにしましょう。

イエス・キリストは、どんなに忙しくても、
朝早く起きて、祈っておられました。

それが働きの祝福の鍵なのです。
posted by 主のしもべたち at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

あなたはわたしの愛する子

あなたは、わたしの愛する子


「あなたは、わたしの愛する子、
わたしはあなたを喜ぶ。」
マルコの福音書111

イエス・キリストが、
ヨルダン川で、
バプテスマのヨハネから洗礼(バプテスマ)を受けられて、
水の中から上がられた時、
天が裂けて御霊が鳩のようにイエスさまの上に下ってきました。

そして天から声がしたのです。
「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」と。

イエス・キリストは、父なる神様の愛するひとり子でした。
父なる神様は、洗礼を受けられたイエスさまを、とても喜ばれました。

あなたがイエス・キリストに続いて洗礼を受ける時、
父なる神様は、
あなたのことも喜ばれ、
同じように語ってくださいます。
「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」と。
posted by 主のしもべたち at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペテロへの召命

ペテロへの召命


「わたしについて来なさい。
人間をとる漁師にしてあげよう。」

マルコの福音書117


イエス・キリストは、
ガリラヤ湖のほとりを通られて、
シモンとシモンの兄弟アンデレが
湖で網を打っているのをご覧になられました。

漁師であった彼らに、イエスは言われたのです。
「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」

するとすぐに、彼らは網を捨て置いて従いました。
イエス・キリストの言葉には、
今まで聞いたことのない権威と力、
そして、とても温かいぬくもりがあったのだと思います。

シモンとアンデレの兄弟は
すぐに大好きだった網、
つまり漁師の仕事を捨てて従っていくのです。

自分の生活をかけて、捧げて従って行きました。

あなたにも主イエスが語られることがあります。
「わたしについて来なさい。」と。

その時、あなたもあなたの網を捨てて従っていく時、
弟子としての祝福の人生が始まります。
posted by 主のしもべたち at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

十字架で治らない病気はない!

10月11日木曜日
「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」
            
          マタイの福音書8章17節


イエス・キリストが十字架にかかられた時、
彼は、私たち一人一人の罪とともに、
全ての病、病気をもその身に引き受けてくださいました。

キリストが十字架で死なれた時、
罪も病気も悪霊からも、
私たちを解放し癒してくださったのです。

ですから、
私たち一人一人が、
自分の罪を認めて悔い改め、
イエス・キリストの十字架を信じるなら、
罪が赦されて救われるのとともに、
全ての病、
どんな不治の病であっても、
心の病気であっても、
何かわからない力に縛られていても、
必ず癒され解放されるのです。
posted by 主のしもべたち at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

着物に触われば直る!そう信じて直った12年の間婦人病だった女性

10月15日
「娘よ。しっかりしなさい。
 あなたの信仰があなたを直したのです。」
      マタイの福音書9章22節


12年間長血(婦人病)だった女がいました。
今まで、どの病院に行っても、どんな名医のお医者さんにかかっても直りませんでした。

でもイエス・キリストのことを聞いた時、
彼女はキリストの着物に触れることができれぱ、きっと直ると信じました。
そしてイエスの後ろに来て、その着物のふさに触りました。
その瞬間、イエスは振り向いて、彼女を見て言われました。
「娘よ。しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」
すると、その時から、全く直ったのです。

イエス・キリストには不可能はありません。
あなたが、イエスはきっと直してくださる。
キリストは、きっと答えて解決してくださる。
そう信じてイエス・キリストに近づき、
その衣のふさに触れる時、あなたにも奇跡と癒しが起こり救いがやって来ます。

さあ、今、イエスさまを信じて、キリストのところに近づきましょう。
posted by 主のしもべたち at 13:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする